MQL5言語での取引ロボットのプログラミング例の記事

エキスパートアドバイザはプログラミングの"頂点"であり、それぞれの自動トレーディングの開発者の求めたゴールです。このセクションの記事を読んで、あなた自身のトレーディングロボットを作成してください。記述されたステップに従うことにより、あなたはどのように自動トレーディングシステムを作成し、デバッグし、テストするかを学びます。

記事はMQL5プログラミングを教えるだけでなく、どのようにトレーディングアイデアとテクニックを導入するかを示します。あなたはどのようにトレーリングストップをプログラムするか、どのように資金管理を適用するか、どのようにインディケータ値を取得するか、さらに多くのことを学びます。

最新の | ベスト

MQL5での「スネーク」ゲームの作成

本稿では『スネーク』ゲームのプログラム例を述べていきます。MQL5では、主にイベントハンドル機能によりゲームのプログラムが可能となりました。オブジェクト指向プログラミングによりこのプロセスが格段に簡素化されます。本稿では、イベント処理機能 標準的な MQL5 ライブラリクラスの使用例、また定期的関数呼び出しの詳細を学習します。

MQL5におけるトレーディング用コントロールパネルの作成

この記事は、MQL5のコントロールパネルの開発における問題を取り扱っています。インターフェイスは、イベントハンドリングによって管理されています。加えて、管理の柔軟なセットアップ方法が複数あります。コントロールパネルは、ポジションを扱い、また、設定、修正、削除や、未決注文も管理します。

「サル」でもわかるMQL:オブジェクトクラスの設計 構築方法

ビジュアルデザインのサンプルプログラムを作成することで、MQL5にてどのようにクラスを設計し、構築するかについて紹介致します。この記事は、MT5アプリケーションに取り組む、プログラム初心者のために執筆されています。オブジェクト指向プログラミングの理論の奥深くまで到達せずに、クラスを作成する技術の簡潔、かつ簡単な理解を提供します。

初心者のためのクイックスタート、あるいはショートガイド

読者の皆さんこんにちは!この記事では、Expert Advisorsの作成やインディケーターの使い方などの基本的なコツを簡単に素早く掴めるように説明していきたいと思います。初心者対象で難しいサンプルの紹介は行いません。

オーダーストラテジー多目的Expert Advisor

この記事では、未処理のオーダーを有効に活用するストラテジーや、それを表すためのメタ言語やそれに基づき動作する多目的ExpertAdvisorを中心に見ていきます。

MQL5でのトレードオペレーション - 簡単です

ほとんどすべてのトレーダーは利益をあげるためにマーケットに参加しますが、中にはそのプロセス自体を楽しむトレーダーもいます。しかし、手動のトレードだけが、エキサイティングな体験をさせてくれるわけではありません。自動トレードシステムの開発も非常に興味深いものです。トレードロボットの作成は面白いミステリー小説を読むのと同じくらい面白いものです。

セマフォインディケーターを使った簡単なトレーディングシステム

複雑なトレーディングシステムも、よく見てみると複数の簡単な取引シグナルに基づいていることがわかります。ですから、開発の初心者はすぐに複雑なアルゴリズムを書き始める必要はありません。この記事ではセマフォインディケーターを使って取引を行うトレーディングシステムの例を紹介します。

MQL5ウィザード:新バージョン

本稿では、最新のMQL5ウィザードで利用できる新しい特徴について述べます。シグナルのアーキテクチャが変更され、さまざまなマーケットパターンにもどつくトレーディングロボットを作成することができるようになっています。本稿に含まれる例では、エキスパートアドバイザのインタラクティブな作成手順を説明しています。

メタトレーダー5における検証の原則

メタトレーダー5の3つの検証モードの違いは何でしょうか、また、特に何が求められているのでしょうか?複数手段で同時にトレードを行うEAの検証は、どのように行われるのでしょうか?検証中は、いつどのようにしてインディケータの値が計算され、イベントはどのように処理されるのでしょうか?「始値オンリー」モードの検証中に、異なる金融商品のバーを同期させるにはどうしたらいいでしょうか?本稿ではこれらをはじめ...

MQL5のExpert Advisorsのテストと最適化を行うためのガイド

ここでは、コードエラーを見つけ解決するための段階的な手順について説明します。またExpert Advisor(以下EA)への入力パラメータのテストと最適化の手順についても説明します。Meta Trader 5のクライアント端末のStrategy Testerの使い方がわかれば、ご自身のEAに最も適したシンボルや入力パラメータセットを見つけることができるようになります。

独自のトレーリングストップ注文を作成する方法

トレーダーの基本原則 - 利得を増やし、損失を削る!この論説では基本技術の一つ、この原則に従うことを可能にする - 保護的停止レベル (ストップ・ロスレベル) をポジションの利得が増大した時点で動かす、すなわちトレーリングストップレベルを考察する。ここではSAR と NRTR...

エキスパートアドバイザーの資金管理のためのファンクション

トレード戦略の開発は主に市場に入り、そして、出るためのパターンの探索と、ポジションの維持に注目している。もし自動トレーディングのためにあるパターンをルールとして形式化できれば、トレーダーはポジションの量、マージンのサイズを計算する問題に立ち向かい、さらに貸付資金の安全なレベルを維持して自動モードでオープンなポジションを確実にするであろう。この論説では MQL5...

MQL5でExpert Advisorを書くための初心者向けステップバイステップガイド

MQL5のExpert Advisorプログラミングはシンプルで簡単に学べます。ステップバイステップガイドでは、策定されたトレーディングストラテジーに基づきシンプルなExpert Advisorを書くのに必要な基本的ステップを説明します。Expert Advisorの構造、内蔵 テクニカルインディケーターとトレーディング関数の使用、 デバッグモード の詳細とストラテジーテスターの使用を紹介します。

の処理 トレードイベント in Expert Advisor を使って OnTrade() 関数

MQL5は様々なタイプのイベント (タイマーイベント、トレードイベント、カスタムイベントなど)を含め、非常に多くの革新をもたらしました。イベントを取り扱う性能で全く新しいタイプの自動・準自動の売買プログラムを作成できます。本記事ではトレードイベントを考え、トレードイベントを処理するOnTrade() 関数のコードを書きます。

初心者のためのMQL5: Expert Advisorでのテクニカルインディケーター使用ガイド

Expert Advisorで内蔵またはカスタムインディケーターの値を入手するには、まずそのハンドラーを対応する関数を使って作成しなければなりません。本記事の例は、自分のプログラム作成時にどのようにテクニカルインディケーターを使うか説明します。本記事はMQL5...