MQL4言語での取引ロボットのプログラミングと使用に関する記事

MetaTraderプラットフォームのために作られたExpert Advisorsは、開発者により導入された様々な機能を実行します。トレーディングロボットは1日24時間、通貨をトラックし、ディールをコピーし、レポートを送り、ニュースを分析し、 特別に作られたグラフィカルインターフェースを提供することができます。

記事はプログラミングのテクニック、データ処理のための数学的なアイデア、トレーディングロボットの開発と発注についてのヒントを記載します。

最新の | ベスト

スタックRBMとディープニューラルネットワーク。セルフトレーニング、及びセルフコントロール

この記事では、ディープニューラルネットワークと予測の選択に関する以前の記事の続きです。ここでは、スタックRBMによって開始されたニューラルネットワークの関数を扱い、「darch」パッケージの実装をします。

トレーディングロボットのためのFalseトリガー保護

取引システムの収益は、ロジックのアルゴリズムの品質にだけでなく、ロジックや金融商品のダイナミクスの解析の精度により、決定されます。Falseトリガーは、取引ロボットのメイン・ロジックを低品質なものにします。指定された問題を解決する方法は、この記事で考慮されています。

レンジやトレンド相場を例にストラテジーテスターを使ったインジケーターの最適化

多くの戦略では、レンジか否かを検出することが不可欠です。ストラテジーテスターを使用する方法を示し、ADXを最適化します。同様に、このインジケータがニーズを満たすかどうかを決定し、レンジやトレンドの平均を知ることができます。

エキスパートアドバイザやインディケータ、スクリプトの入力パラメータを保存する為のテキストファイル

この記事では、エキスパートアドバイザやインディケータ、スクリプトのテキストファイル内のプロパティとしての動的オブジェクトや配列、その他の変数の保存について説明します。MQL言語で提供される標準的なツールへの機能の追加に役立ちます。

テクニカル分析におけるトーマス・デマーク

この記事では、トーマス・デマーク方式によって発見されたTDポイントとTDラインを扱います。この方法については、実用的な使い方が明らかにされています。それに加えて、3つの指標とトーマスデマーク方式の概念を使用して、2つのエキスパートアドバイザーの書き込み処理を行います。

Expert Advisor 内での Expert Advisor コンテスト

仮想取引によって、適応型 Expert Advisor を作成することができます。それは実マーケットでトレードをオン、オフするものです。1件の Expert Advisor に複数の戦略を組み合わせます。マルチシステム Expert Advisor...

遺伝的アルゴリズムー数学

遺伝的アルゴリズムは最適化の問題を解決するために使用されます。このような問題の例として、ニューロネットワークの学習、つまりエラーを最小限にするための、このような重み値の選択を用いることができます。遺伝的アルゴリズムのベースにはランダム探索法があります。

注文の管理ーこれは簡単です

この記事では、オープンポジションや指値注文の様々な管理方法を紹介し、エキスパートアドバイザの作成の簡素化について記述しています。

ファイルの操作。重要な市場イベントの可視化例。

この記事では、外国為替証拠金取引市場でのより生産的なMQL4の使用を検証します。

グラフィックエキスパートアドバイザー: オートグラフ

本稿はトレードを管理する便利なインターフェースである画面表示の利用法について書いています。

マジックナンバー:オーダー"マジック"識別子

本稿は複数のエキスパートアドバイザーを1つのMT4ターミナルで稼働する際に、相互干渉する問題に取り組んでいます。エキスパートアドバイザーが、”別の”ポジション(手動か他のエキスパートアドバイザーがオープンしたポジション)を修正したりクローズしたりしないように、”固有の”オーダーのみを管理するよう”教える”ようにします。本稿はMQL4のターミナルとプログラミングに関する基本スキルをお持ちのユー...

トレードの一時停止について

本稿は、1つのMT4クライアントターミナル上で複数のEAを稼働中に、トレードオペレーションの一時停止に関する問題に取り組んでいます。MQL4のターミナル操作とプログラミングに関する基本スキルをお持ちのユーザー様向けに書かれています。

初めてのGrail

初心者プログラマが「金のなる木」を作成させる最も頻度の高い失敗が調査されました。テスターではすばらしい結果を示したが、実際のトレーディングでは損失を出したエキスパートが示されています。

トレーダーツール、上級者向けのテクニカル分析のためのMQL4

まず、トレーディングは確率の計算です。進展のエンジンとなる無為に関することわざは、それらのインジケーターやトレーディングシステムが開発された理由を明らかにします。トレーディングの多くの新人は「すでにできあがった」トレーディング理論を学習します。しかし、より多くの発見されていない市場の秘密があり、価格の動きの分析に使用されているツールは基本的に明らかにされていないテクニカルインジケーターや統計...

オプティマイザでの遺伝的アルゴリズム vs シンプルな検索

この記事は、遺伝的アルゴリズムとシンプルな検索により取得されるものを用いて、エキスパートアドバイザーの最適化を行った結果とかかった時間を比較します。

エキスパートシステム「コメンテーター」MQL4プログラムの組み込みインジケーターの実践的な使用

この記事は、MQL4でのプログラミングにおけるテクニカルインジケーターの使用について紹介しています。

情報ストレージとその表示

この記事は、情報ストレージとその表示の便利で効率的な方法を紹介します。ターミナル標準ログファイルとCommnet()関数に対する代わりのものもこちらで紹介されます。

Expert Advisor、スクリプト、インディケータの同期

本稿では Expert Advisor、スクリプト、インディケータが含まれるバンドルプログラムを作成する必要性と一般的原則について考察します。

メカニカル・トレーディングシステム "スタニスラブの三角形"

スタニスラブ・チャバショブ(Stanislav Chuvashov)氏のアイデアに基づいたメカニカル・トレーディングシステムの概要とプログラムコードを提供します。三角形の構造は上部・下部フラクタルからなる2本のラインの交差から成っています。

外部世界と情報交換するメタトレーダー4 エキスパートアドバイザー

メタトレーダー4・エキスパートアドバイザーと外部世界との情報交換をおこなうための、シンプルで互換性があり、信頼できる解決策情報の提供者と利用者は、それぞれ異なるコンピューターに位置しています。そのため両者の接続はグローバルIPアドレスを使用します。

プライスアクション。つつみ線パターンのトレード戦略を自動化するには

本稿はつつみ線パターンに基づくメタトレーダー4のためのエキスパートアドバイザーを作成する手順について書かれています。パターン認識のルール、待機注文とストップ注文の設定ルールについても書かれています。テストと最適化の結果もあなたの質となるよう提供します。

プライスアクション。はらみ足(Inside Bar)トレード戦略の自動化

本稿は、はらみ足戦略に基づくメタトレーダー4エキスパートアドバイザーの開発について書かれています。ペンディングとストップオーダーのセッティングルールと、はらみ足と判断する規則についても述べられています。テストと最適化の結果が書かれています。

サポートレジスタンス、プライスアクションからトレードセットアップをおこなうには

本稿は、良いタイミングのエントリーをするためのプライスアクションとサポート・レジスタンスレベル(ライン)の観察について書かれています。トレードのセットアップ(エントリー条件)のために、この二つを上手く組み合わせたトレードシステムは何なのか、考えていきます。MQL4のコードには、これらのトレード・コンセプトに基づいたEAに利用されているものがあります。

エキスパートアドバイザ作成の特徴

MetaTrader 4取引システムでのエキスパートアドバイザ作成の特徴

EAのサンプル

一般的なMACDを使ったEAを例として、MQL4開発の原則を紹介します。

エラー 146 (「トレードコンテキスト ビジー」) と、その対処方法

この記事では、MT4において複数のEAの衝突をさける方法を扱います。ターミナルの操作、MQL4の基本的な使い方がわかる人にとって、役に立つでしょう。