MetaTrader 5をダウンロードする

無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ライブラリ

垂直ヒストグラムコンストラクタ - MetaTrader 5のためのライブラリ

| Japanese English Русский 中文 Español Deutsch Português

ビュー:
283
レーティング:
投票: 18
パブリッシュされた:
2017.02.06 09:24
\MQL5\Include\\MQL5\Indicators\

ヒストグラムは、頻度の棒グラフです。軸の1つは可変値を表し、もう1つはこれらの値の出現の頻度を表します。各棒の高さは、列幅に等しい間隔に属する値の頻度(数)を示します。このようなダイアグラムは通常水平に表示されます。つまり、変数値は水平軸に、周波数は垂直軸に表示されます。

このライブラリでは、順序統計量の垂直ヒストグラムに焦点を当てます。分析されたパラメータの価格値は垂直軸上に昇順に配置され、頻度は水平軸上に配置されます。入ってくる価格データは分散されて現在のバーでグループ化され、左、右または両側同時にその軸を基準に表示することができます。

図1 売り値と買い値の分布の垂直ヒストグラム

図1 売り値と買い値の分布の垂直ヒストグラム

垂直ヒストグラムの今ストラクラはCHistogramクラスに基づいています。すべてのメソッドの実装は、いわゆる "グラフィック"メモリの使用に基づいています。

メソッド:CHistogramクラスコンストラクタ

クラスインスタンスを初期化します。

void CHistogram(
   string name,                     // 固有の名前接頭辞
   int    hsize,                    // チャートスケール
   int    width,                    // ヒストグラムラインバーの幅
   color  active,                   // アクティブなラインバーの色
   color  passive,                  // 非アクティブなラインバーの色
   bool   Left_Right=true,          // left=false または right=true
   bool   relative_frequency=false, // 相対または絶対ヒストグラム
   int    sub_win=0                 // ヒストグラムをプロットするためのウィンドウのインデックス
   );

パラメータ:

name

   [in] ヒストグラムの列の固有の名前接頭辞

hsize

   [in] ヒストグラム表示のスケール

width

   [in] ヒストグラムラインバーの幅

active

   [in] 現在のバーで更新されたヒストグラム列の色

passive

   [in] 現在のバーで更新されていないヒストグラム列の色

Left_Right=true

   [in] ヒストグラム表示の方向(false — 現在のバーの左側にヒストグラムを表示、 true — 右側)

relative_frequency=false

   [in] 頻度値を計算する方法(false - 絶対頻度数値、 true —相対頻度数値)

sub_win=0

   [in] ヒストグラムをプロットするためのウィンドウのインデックス(0 — メインチャートウィンドウ)

戻り値:

   なし。成功すると、指定されたパラメータを持つクラスのインスタンスが作成されます。

メソッド:ヒストグラム表示DrawHistogram

ヒストグラムバーを表示します:新しいバーを作成、 既存のバーを編集、頻度値をグラフィックメモリに格納し、 現在のバーにヒストグラムを表示します。

void DrawHistogram(
   double price,  // バリアントの値
   datetime time  // 現在のバーの時刻
   );

パラメータ:

price

   [in] 研究された市場特性のバリアントの値

time

   [in] 現在のバーの時刻このバーはヒストグラムの軸になります。

戻り値:

   なし。成功すると、既存のヒストグラム列が新規作成または調整されます。新しいバーが現れた場合は、軸が現在のバーに来るようにヒストグラムがシフトされます。

メソッド:ヒストグラム特性の計算HistogramCharacteristics

sVseries型の変数の順序統計量の計算された特性を返します。

sVseries HistogramCharacteristics();

パラメータ:

   なし

戻り値:

   成功した場合は、sVseries型の変数の値を返します。

ヒストグラム特性(sVseries )の現在値を取得するための構造体。

統計分布の特性の過去の値を保存するための構造体。順序統計量に関する最も需要の高い情報を得るために設計されています。

struct sVseries
  {
   long     N;    // 総観測数
   double   Na;   // 頻度の平均値
   double   Vmax; // バリアントの最大値
   double   Vmin; // バリアントの最小値
   double   A;    // 順序統計量の振幅
   double   Mean; // 加重算術平均
   double   D;    // 分散
   double   SD;   // 標準偏差
  };
sVseries 型の変数はHistogramCharacteristics()関数を1回呼び出すことで、ヒストグラムとして表示される順序統計のすべての主な特性の値を取得できます。

メソッド:平均値の視覚化DrawMean

チャート上の順序統計量の加重算術平均の値を表示します。

void DrawMean(
   double coord,     // 加重算術平均値
   datetime time,    // 現在のバーの時刻
   bool marker=false,// マーカの表示か非表示
   bool save=false   // 値を履歴に格納するかどうか
   );

パラメータ:

coord

   [in] 加重算術平均の値

time

   [in] 現在のバーの時刻加重算術平均の値はこのバーで測定されます。

marker=false

   [in] チャートにマーカを表示するかどうかの指定(false — 非表示、true — 表示)

save=false

   [in]  加重算術平均の値を履歴に格納するかどうかの指定(false — 格納しない、 true — 格納する)

戻り値:

   成功した場合はチャートに横線が表示されます。これは重み付けされた算術平均の値に対応します。

メソッド:標準偏差の視覚化DrawSD

標準偏差値を長方形として表示します。長方形の幅は平均周波数に一致し、その高さは加重算術平均値の上下にプロットされた標準偏差に一致します。

void DrawSD(
   sVseries &coord,        // sVseries型変数
   datetime time,          // 現在のバーの時刻
   double deviation=1.0,   // 偏差値
   color clr=clrYellow     // 表示の色
   );

パラメータ:

coord

   [in] sVseries型の変数の値

time

   [in] 現在のバーの時刻

deviation=1.0

   [in] 標準偏差の値を増加させる係数

clr=clrYellow

   [in] 標準偏差を視覚化する長方形の色

戻り値:

   成功した場合はチャートに長方形が表示されます。これは、加重算術平均の値から標準偏差を特徴づけます。


クラスの能力はビデオで実演されています。添付ファイルはテストサンプルのコードを含みます。

提供されたコードは、クラスの特定のメソッド(関数)を呼び出す方法を示しています。


ヒント:

  • より小さな時間枠でのクラス使用がお勧めできます。

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/16365

Exp_AFL_WinnerV2 Exp_AFL_WinnerV2

AFL_WinnerV2指標を使うExp_AFL_WinnerV2エキスパートアドバイザーです。

AFL_WinnerV2_HTF AFL_WinnerV2_HTF

入力パラメータでの時間枠選択オプションを含むAFL_WinnerV2指標です。

JSatl_Digit_System JSatl_Digit_System

この指標はJSatl_Digitアルゴリズムで処理された高値および安値価格系列に基づくチャネルを使用してブレークアウトシステムを実装します。

Exp_JSatl_Digit_System Exp_JSatl_Digit_System

JSatl_Digit_System指標のシグナルに基づいた取引システムです。