無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ライブラリ

CIsSessionは、時間のインターバル(セッション)を設定するためのクラスです。 - MetaTrader 5のためのライブラリ

Konstantin Gruzdev | Japanese English Русский 中文 Español Deutsch Português

ビュー:
374
レーティング:
投票: 28
パブリッシュされた:
2016.01.08 12:38
アップデートされた:
2016.11.22 07:34
\MQL5\Include\\MQL5\Experts\

このクラスは、この掲載を紹介した後で公開することにしました。私としては、これは面白いテーマだと思います。私のアプローチも全ての問題を解決するできるわけではありません。だからこそ、改善をすることもできるのです。

クラスの使用例は、 このバージョンの類似によって行うよう努めました。こうした方が長所と短所を見やすくなります。

私が気づいた長所:

  1. 日付と時間の標準入力。画像を見てください。間違いを犯す可能性が低い。
  2. ストラテジーテスターでの最適化期間を保存することができる。
  3. プログラムのあらゆる場所で全ての設定を変更することができる。
  4. 多くの利用方法がある。これについては画像の後で。
  5. 簡単にコードで使用できる。少なくとも、私には簡単です。

時間設定のバリエーション

1. デイセッション. 例えば、設定された時間間隔での各日の取引を許可します。条件:

  • セッションの開始と終了の日付は、1970年1月1日です。
  • セッションの開始時間は、セッション終了の時間よりも少なくなります。

2. ナイトセッション例えば、夜通しの取引を許可します。今日開始して、明日終了します。このように毎日行われます。条件:

  • セッションの開始と終了の日付は、1970年1月1日です。
  • セッションの開始時間は、セッションの開始時間より大きくなります。

3. 日付の範囲内。例えば、セッションの開始日から、セッションの終了日までの取引を許可します。条件:

  • セッションの開始日は、セッション終了日よりも少なくなります。
  • 任意の時間ではありますが、これも考慮されます。

4. 日付の範囲外。セッションの開始日は、セッションの終了日よりも大きくなります。このようにして、取引はセッションの終了日まで、また新しいセッションの開始日以降に許可されます。条件:

  • セッションの開始日は、セッションの終了日よりも大きくなります。
  • 任意の時間ではありますが、これも考慮されます。

5. 任意の曜日の取引の許可/禁止の設定です。取引を希望する場合、それぞれの曜日にパラメータで"true"を設定すれば十分です。もしくは、取引の禁止の為に"false"を設定します。

6. 全ての設定はプログラムのあらゆる場所でInit()方式を使い変更することができます。


P.S. クラスはMetaTrader 5の下で作成されましたが、MetaTrader 4でも動作します。唯一の違いとしては、MetaTrader 4のストラテジーテスターは、datеtime形式での時間間隔の最適化をサポートしていないという点です。しかしこれは、エキスパートアドバイザの入力パラメータでdatеtimeをlongに変えることで解決することができます。

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/14305

PA_Oscillator PA_Oscillator

2色のヒストグラムを作成するインディケータMACDの変化の速度を表示する最も簡単なオシレータ―です。

fractal_dimension_HTF fractal_dimension_HTF

インディケータ fractal_dimensionは、入力パラメータのインディケータの時間軸を変更することができます。

関心(sentiment) 関心(sentiment)

市場の関心で取引を行うエキスパートアドバイザです。

TradeStateは、時間に応じたエキスパートアドバイザの取引モードのスイッチャーです。 TradeStateは、時間に応じたエキスパートアドバイザの取引モードのスイッチャーです。

クラスは時間によって、エキスパートアドバイザの取引を制限します。任意の時間帯数を設定すること、また特定の曜日での取引を許可することで、柔軟な設定の可能性を有しています。