日本経済は景気後退に入った

日本経済は景気後退に入った

16 11月 2015, 13:01
Yamaguchi Katashi
0
171

第二四半期の国内総生産は0.7%減少しました。第三四半期で同時にGDP60%を生成し、0.5%、国内の消費者の需要を増加しました。

アナリストは、現在の四半期の経済パフォーマンスの小さな成長を期待しています。このパフォーマンスの低下は、経済を刺激するための更なる措置をとるべきことを日本政府に強制することができます。

第二四半期の国内総生産は0.7%減少した。第三四半期で同時にGDP60%を形成する国内の消費者の需要は0.5%増加した。

アナリストは、現在の四半期の経済指標の小さな成長を期待している。日本政府はこの指標の低下は経済を刺激するために更なる措置をとるべきことを強制する。

赤でアジア太平洋地域の株式市場で取引されている

アジア太平洋地域の大手証券取引所は、パリの金曜日の攻撃に関連して高まる緊張感を背景に、今日の取引の過程で減少している。

日本の日経2250.9%を失った、中国の上海総合は0.2%下落し、ハンセンは1.5%下落、オーストラリアのSP / ASX 200はの0.9%減少となった。

「グローバル市場では、緊張が高まることを背景に、短期的にリスクから離れて移動することになる 」と三菱UFJ国際資産管理でナリスト東京清石金は述べた。「しかし、経済にこの因子の影響は限定されると思う、それはフランスと欧州連合(EU)のみに影響します。」

公開された今日の統計データは、日本経済の景気後退を指摘した。2015年の第三四半期四のGDPは減少した。第二四半期で観察下落は景気後退の定義を表す。

中国の当局は信用取引の要件を強化していることは中国市場の弱体化を表す。

                                                          

 

それを友達とシェアしてください: