日本のインフレ、失業レポートから経済なポイント

日本のインフレ、失業レポートから経済なポイント

29 11月 2015, 21:07
Yamaguchi Katashi
0
100

•エネルギー価格がマイナスでコアインフレゲージを開始

•落下失業率は賃金の継続的な弱さを偽り

金曜日日本経済データについて知っておくべきこと:

消費者物価指数(10月)

  • 生鮮食品を除くコアCPI9月と8月の下落次前年(-0.1%の見通し)0.1%下落した。
  • エネルギー、すべての食品を除いたコアコアCPIを、いわゆる0.7%(0.8%予報)の増益となった
  • 全体的なCPIは、最大0.3%(0.2%予報)。
  • 日本銀行は生鮮食品とエネルギーを除いた後に代替インデックス金曜日を発表した。これは、2カ月連続のために1.2%上昇した。

テイクアウト:コアCPIは銀行の金融政策の変更により多くの手がかりを与える可能性があり、その2%のインフレ目標、コアコアCPIと日銀の代替措置に向けての進捗状況を測定するための日本のゲージのですが。下部油コストの影響を取り除く一度インフレ率の根本的な傾向は、改善されていることを知事黒田東彦によって引数をサポートし、2013年以来、価格の上昇を示した。

経済学者が言った:データがリリースされた後に「非エネルギー財のインフレが緩やかに継続すべきである、「キャピタルエコノミクスのマルセルテリアント」、ノートに書いている。 「活動の最近の弱さはかなりの時間のために価格圧力を減衰する予備容量のかなりの量を残していることを大きな画像」。

アナリストらは、さらに金融刺激策の可能性に2つの陣営に分かれている- 1基がより2016年には初期および予見可能な将来のために何の変化も突出していない他の期待。

失業率(10月)

•失業率は9月に3.4%に比べ、3.1%(3.4%の見通し)となりました。それは1995年以来最低だ。

•仕事ツー申請者比率は厳しい雇用市場を示す、1.241.25%の予測)だった。

•同時に、労働力は、9月から23万人々によって縮小し、参加率は60.2パーセントから59.9パーセントに低下した。

•持ち帰り:労働市場が今年半ば不況に苦しんだ日本経済のための明るい場所でなければなりません。失業率は低く、仕事が豊富ですしながら、しかし、これはスパーインフレを助けることができる強力な賃金の利益に翻訳されていない。黒田は、賃金の利益は好調な企業収益と固体労働市場を考慮し「やや遅い」だったと述べている。

•家計支出(10月)

家計支出は、以前の(予測変わらず)年度から2.4%下落した。

持ち帰り:残念な賃金利益は家計支出の弱さを説明し、ここで変更することなく、黒田は、インフレと経済成長を促進するために苦労している。

 

それを友達とシェアしてください: