MetaTrader 5をダウンロードする
新しい投稿を加えるためには ログインしてください または 登録する
NVLineにおけるエリオット波動の第2波に当たるものをシグナルとするEAを作ろうとしているのですがシグナルからトレードに発展させるのがとても難しいと感じています。たとえば、上昇第2波形成のシグナルで買い、下降第2波形成のシグナルで売り、としても実際は上記のようなチャートだと負けてしまいます。しかもこういう状況は頻繁にあります...
トレーディングシステム
  • 58
Minoru Hiki, 4 7月 2016, 07:53
昨日2016/03/15、新しいインジケータNVLineをリリースしました。基準点からの新高値と新安値の「新値」が出たポイントを結ぶMT4付属のZigZagに似たインジケータです。「新値」について研究し始めてから実に4年以上の歳月が経ってようやく実現できたものです。先々週、ふと実装のアイデアが降りてきて、あっさりとプログラムすることができました...
トレーディングシステム
  • 92
  • 1
Minoru Hiki, 16 3月 2016, 02:06
テスト投稿の2回め あああ 以上...
分析と予測
  • 49
katsumi, 30 12月 2015, 11:35
テスト投稿です。 GBPUSD Weekly 大きな下げの後、50%少々リトレースしてから、再び下げ始めた。 予想 1.45661の前回の安値を目指す...
分析と予測
  • 40
  • 1
katsumi, 30 12月 2015, 11:22
投資家は、金属への関心をトリガに失敗ドルでさえ不況で、先に広く予想される米国の利上げ来週の傍観にこだわっとして金が木曜日に水を踏んだ。 スポット金は少し前のセッションで0.1%下落で終了した後、0043 GMTによってオンスあたりで1,073.31ドル変更された。 米国の中央銀行は12月15〜16上の次の政策会合でほぼ十年で初めて金利を上げることが期待される地金の投資家は慎重です...
分析と予測
  • 650
Yamaguchi Katashi, 10 12月 2015, 12:10 #米国
オーストラリア連邦統計局が発表した11月の雇用統計は、予想される就業者数減少に反しては、15年以上ぶりとなる大幅増を示し、失業率は19カ月ぶりとなる水準に低下した。 市場関係者のコメントは以下の通り。 <RBCキャピタル・マーケッツのストラテジスト、マイケル・ターナー氏> それは強力な内容だ。失業率が低い。他の大多数の雇用関連指標を上回っている...
分析と予測
  • 563
Kadze, 10 12月 2015, 09:25
ゴールドマン・サックスは、に比べて強気でEUR/ USDのための彼らの長期予測を更新前のものは:価格ではなく、以前に予想として1.02の3ヶ月間1.07に下落、半年間の予想は1.05の代わりに1.000、および1つです年予想は1.0000代わりの0.9500前のもの...
分析と予測
  • 638
Yamaguchi Katashi, 10 12月 2015, 08:24
10日午前の東京外国為替市場で円相場は続伸した後、伸び悩んでいる。12時時点では1ドル=121円57~59銭と前日17時時点に比べ1円14銭の円高・ドル安水準で推移している。きょうは事業会社の決済が集中する5・10日(ごとおび)で、121円台前半では国内輸入企業などから戻り待ちの円売り・ドル買いが出たようだ。中値決済に絡む円売り・ドル買いが一巡した後、円は121円台半ばでもみ合っている...
分析と予測
  • 302
Yamaguchi Katashi, 10 12月 2015, 07:16
原油価格は、米国からの強い日本経済データと下位原油貯蔵数値に水曜日に上昇したが、多くの投資家が原因でグローバル供給過剰になることから2008以下に下がることを期待した。 ブレント原油先物は、GMT0951で最大36セントバレルあたり40.62ドルだった。米国西部テキサス・インターミディエ(WTI)原油先物は、最大35セント彼らの最後の決済から、バレルあたり$37.86だった。 米原油は先週4...
分析と予測
  • 278
Yamaguchi Katashi, 9 12月 2015, 14:44
価格は以下のキー反転S / Rレベルに至るまで、二次用チャートの主要な弱気エリアの一木の雲の下に配置されている。 13.82サポート日足チャートの主要な弱気の領域に遠く一目の下に位置するレベル、および 16.34抵抗レベルチャートの主要な強気のエリアに近く、一目の上に位置します。 価格のための中間サポート/抵抗レベルは、キーの反転レベルに以下の通りを行きます:...
分析と予測
  • 221
Yamaguchi Katashi, 9 12月 2015, 13:59
価格は二次には、以下のキーを反転S / R・レベルに至るまでと、チャートの主要な弱気エリアの一木の雲の下に配置されています。 1046.27サポート日足チャートの主要な弱気の領域に遠く一目雲の下に位置するレベル、および 遠くチャートの主要な強気の領域に一目クラウドの上に位置1191.48抵抗レベル。 価格のための中間サポート/抵抗レベルは、キーの反転レベルに以下の通りを行く: 1142...
分析と予測
  • 279
Kadze, 9 12月 2015, 12:29
最近の原油価格急落に応じて、日銀が密接にインフレ期待や賃金の上昇の影響を監視している。下落が長期化すれば、インフレ期待、来年の賃金交渉の景気後退の影響が懸念されているので、消費者物価の下落圧力となる。一方、原因貿易増加の点で企業の収益増における賃金上昇ファンドは、メリットと原油安のデメリットが再び問題に浮上しているという見方もあります...
分析と予測
  • 203
Yamaguchi Katashi, 9 12月 2015, 12:00
AUD/ NZD:強気弱気反転エリアの近くに及ぶ。ペアは、市場の条件に強気です:価格は、以下のキーのサポート/抵抗レベル内のチャートの主要な強気の領域に一木クラウド上に配置されている。 1.1084抵抗レベルチャートの主要な強気の領域の先頭に一木クラウドの上に位置し、 チャートの弱気の領域に遠く一木雲の下に位置する1.0494サポートレベル...
分析と予測
  • 520
  • 1
Yamaguchi Katashi, 9 12月 2015, 11:08
スイス国立銀行(SNB)とスイス財政省は8日、2016年に連邦政府の債務を34億フランの削減するこ共同声明を発表した。満期国債を考慮して、600億スイスフランに国債の新規発行を抑制することができます。債務残高は2007年に960億フランから9年連続で減少し、それは来年の終わり未満740億スイスフラン(742億千万米ドル)であることが期待した...
分析と予測
  • 180
Yamaguchi Katashi, 9 12月 2015, 09:35
9日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、株価が下げ幅を広げたことから売りが強まり、1ドル=122円台後半で軟調となっている。正午現在、122円77~78銭と前日(午後5時、123円10~10銭)比33銭のドル安・円高。 ドル円は早朝、122円80~90銭前後で取引された...
分析と予測
  • 207
Yamaguchi Katashi, 9 12月 2015, 08:40
正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べて若干ドル安/円高の122.77/79円のややドル安。 午前10時半に予定されていた中国の11月消費者物価指数(CPI)、卸売物価指数(PPI)の発表に向けてドルはじり高となり、一時123.05円まで上昇した...
分析と予測
  • 172
Kadze, 9 12月 2015, 08:21
後半のニューヨーク外国為替市場では、原油価格が急落したことで、カナダドル、豪ドルのように商品の通貨に対して大幅に上昇した。ただ安全通貨とされる円やスイスフランなどが買われたため、ドルの主要6通貨に対するドル指数.DXYは結局下落してこの日の取引を終えた。 米原油先物は2009年初頭以来の安値水準に下落して、終盤は0.4%安の1バレル37.51ドル...
分析と予測
  • 200
Yamaguchi Katashi, 9 12月 2015, 07:46
安倍晋三首相は8日都内で開かれたエコノミスト懇親会であいさつし、今月中旬に閣議決定する2015年度の補正予算の規模について「3.5兆円」と説明した。1億総活躍関連で「1兆円を超える」と述べた。 税収の上振れを介護や成長事業に投じる「成長と分配の好循環で、名目国内総生産(GDP)600兆円は十分達成可能」と強調した...
分析と予測
  • 170
Yamaguchi Katashi, 8 12月 2015, 14:42
安倍晋三首相の経済ブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一・米イエール大名誉教授は8日、ロイターとのインタビューに応じ、12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが行われ、円安に反応すれば日本経済にプラスとし、日銀による追加緩和が必要ないとの見解を表明している。 浜田氏は、アベノミクスの旧3本の矢のうち、特に金融政策の効果によって「期待された効果が表示されている」と評価した...
分析と予測
  • 198
Kadze, 8 12月 2015, 14:27
中国は景気低迷にもかかわらず、強力な商品の輸入を報告したように原油価格は火曜日にほぼ7年ぶりの安値から離れた縁取られたが、全体的な市場は、出力をハイレベルに維持する石油輸出国機構(OPEC)の決定によって悪化グローバル供給過剰に低調に推移...
分析と予測
  • 172
  • 1
Yamaguchi Katashi, 8 12月 2015, 13:48 #石油