MQL5言語のインディケータのプログラミング例の記事

記事は添付されたコードの詳しい説明を含みます。それらをMetaEditorでダウンロードして開けて、記事を読んでいる間に作者といっしょにプログラムしてください。

最新の | ベスト

同時に2方向で機能するためのユニバーサル RSI インジケータ

トレーディングアルゴリズムを開発するとき、しばしばある問題に遭遇します。その一つが、トレンド/レンジの始まりと終点を決定する方法です。 この記事では、さまざまな種類のシグナルを結合するユニバーサルインジケータを作成します。 今回はEAのトレードシグナルを取得するプロセスをできるだけ簡素化します。 1つのインジケータを組み合わせた例を挙げます。

マルチモジュールEAの作成

MQLプログラミング言語によって、取引戦略のモジュール設計の概念を実装することができます。この記事では、別々にコンパイルされたファイルモジュールからなるマルチモジュールEAの作成例をご紹介します。

チャート上で選択したシグナルの取引を分析する方法

トレードシグナルサービスは、飛躍的に発展しています。シグナルプロバイダーに自分の資金を任せつつも、デポジットを失うリスクは最小限にしたいものです。このトレードシグナルについて理解するにはどうればいいのでしょうか?また利益を得ることができるシグナルを見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?この記事では、チャート上でトレードシグナルを視覚的に分析する為のツールを作成する方法をご紹介します。

1つのツールで複数のチャートを異なる時間枠で同期させる

取引の決定を行う際に、取引の過程で複数の時間枠でチャートを同時に分析する必要があることが多々あります。また、チャート上にはグラフィック分析のオブジェクトがあるため、すべてのチャートに同じオブジェクトを適用するのは不便です。この記事では、チャート上のオブジェクトの複製の自動化をご紹介したいと思います。

オシレーターでZig Zagインジケータ - を作成してみましょう。技術課題の実施例

この記事では、「インジケーターの開発を依頼するための要件定義を作成する方法」の記事で書いた課題例のうちの1つである、ZigZagインジケーターの作成をデモンストレーションします。インジケーターは、オシレーターによって決められる極値に基づいて作成されます。インジケーターには、WPR、CCI、Chaikin、RSI、Stochastic...

インジケーターの開発を依頼するための要件定義を作成する方法

最もよくあるトレードシステムの開発の第一歩は、相場行動パターンを識別できるテクニカルインジケーターの作成です。 専門的に開発されたインジケーターを、フリーランスのサービスからオーダーすることができます。 この記事からは、適切な要件定義を作成する方法を学習します。より速く、希望のインジケーターを取得するのに役立ちます.

サポートラインおよびレジスタンスラインの自動構築

この記事では、価格チャートにおける位置的なトップとダウンを使用して、サポート/レジスタンスラインの自動構築を行います。 極値を定義するには、よく知られたジグザグインジケーターが適用されます。

カルマンフィルタを用いた価格方向予測

トレードで成功するには、ノイズ変動と価格変動を分けることができるインジケーターが必要です。 この記事では、最も有望なデジタルフィルタ、カルマンフィルタを検討します。 フィルタを描画して使用する方法について説明します。

ミニマーケットエミュレータまたは手動ストラテジーテスター

ミニマーケットエミュレータは、端末での作業の部分的なエミュレーション用に設計された指標で、市場分析と取引の「手動」戦略をテストするために使用することができるでしょう。

古典的な隠れたダイバージェンスを解釈する新しいアプローチ

この記事は、ダイバージェンス構造の古典的なメソッドを考慮し、新しいダイバージェンスの解釈メソッドを提供します。 この新しい解釈法に基づいてトレード戦略を策定しました。 この戦略についても、この記事で説明します。

拡散と収束の自動探索

本稿では、シンプル、隠れ、拡張、トリプル、クワドラプル、収束のあらゆる種類の拡散、またA、B、Cクラスの拡散を考察し、それらをチャート上で検索及び表示するためのユニバーサル指標が開発されます。

CGraphic ライブラリを使用したスキャルピング相場深度の実装

この記事では、スキャルピング相場深度ツールの基本的な関数を作成します。 また、CGraphic ライブラリーをベースにしたティック・チャートを開発し、オーダーブックと統合します。 記述された相場深度を使用して、短期トレードの強力なアシスタントツールを作成することが可能になります。

グラフィカルインタフェースXI:標準グラフィックライブラリの統合(ビルド16)

グラフィックライブラリの科学的なグラフを作成するための新バージョン(CGraphicクラス)が最近発表されました。今回のアップデートでは、グラフィカルインターフェイス作成のために開発された当ライブラリにグラフを作成するための新しいコントロールを備えたバージョンが導入されます。さまざまな種類のデータを視覚化することがさらに簡単になりました。

グラフィカルインターフェイスXI:テーブルセル内のテキストエディットボックスとコンボボックス(ビルド15)

このライブラリアップデートでは、テーブルコントロール(CTableクラス)に新しいオプションが追加されます。テーブルセル内のコントロールのラインアップが拡張され、今回はテキストエディットボックスとコンボボックスが追加されます。また、このアップデートでは、実行中にMQLアプリケーションのウィンドウのイズを変更する機能も導入されています。

ターミナル間のデータ交換にクラウドストレージサービスを使用

クラウド技術の普及が進んでいます。 今日では、有料と無料のストレージサービスから選択することができます。 トレードで使用することは可能でしょうか? 本稿では, クラウドストレージサービスを利用してターミナル間でのデータ交換を行う技術を提案します。

フラグパターン

本稿では、フラグ、ペナント、ウェッジ、長方形、三角形、収縮三角形、膨張三角形のパターンを分析します。それらの類似点と相違点を分析するだけでなく、パターンを検出するための指標、及びその有効性を迅速に評価するためのテスター指標を作成します。

グラフィカルインターフェイスXI:レンダリングされたコントロール(ビルド14.2)

ライブラリのこの新バージョンでは、すべてのコントロールが個別のOBJ_BITMAP_LABEL型のグラフィカルオブジェクトに描画されます。また、コードの最適化についても引き続き説明し、ライブラリの中核クラスの変更について説明します。

グラフィカルインターフェイスXI:ライブラリコードのリファクタリング(ビルド14.1)

ライブラリが大きくなるにつれて、コードをサイズを減らすために最適化が再び必要がです。本稿で説明するライブラリのバージョンはさらにオブジェクト指向になっており、コードの学習もさらに容易になります。読者は、最新の変更の詳細な記述によって、独自のニーズに基づいて独自にライブラリを開発できるでしょう。

CCanvasでのカスタム指標とインフォグラフィックス

本稿は、より複雑な構造的実装を伴う新しい種類の指標について検討し、擬似3D型指標と動的インフォグラフィックスの開発についても説明します。

一个绘制支撑和阻力线的指标实例

本文提供了一个例子,它是关于如何实现根据指定条件绘制支撑和阻力线的指标的,另外,它也包含了一个可以使用的指标,您将看到,创建指标的过程有多么简单。您也将能学习如何通过修改指标代码来构建用于绘制任何所需线形的条件。

グラフィカルインターフェイスX:マルチラインテキストボックスでのテキスト選択(ビルド13)

本稿では、他のテキストエディタと同様に、さまざまなキーの組み合わせによってテキストを選択して選択したテキストを削除する機能を実装します。さらに、引き続きコードを最適化し、ライブラリの進化の第2段階の最終プロセスではすべてのコントロールが別々の画像(キャンバス)としてレンダリングされるため、これに向かってクラスを準備します。

Wolfe波動

このBill Wolfe氏によって提案された視覚的手法は、市場参入の瞬間と方向を特定するためのパターンを検出することを可能にし、価格目標とその到達時間を予測するのに役立ちます。本稿では、Wolfe波動を検索するジグザグに基づいた指標を作成する方法と、この指標に基づいた簡単なエキスパートアドバイザーで取引する方法について説明します。

人工知能を用いたTDシーケンシャル(トーマス デマークのシーケンシャル)

本稿では、よく知られている戦略とニューラルネットワークを融合させた成功裡の取引方法を説明します。これは、人工知能システムを用いたトーマス デマークのシーケンシャル戦略に関するもので、「セットアップ」シグナルと「インターセクション」シグナルを使用して、戦略の最初の部分のみが適用されます。

MQL5 クックブック-ピボットトレーディングシグナル

この記事では、ピボットの反転に基づいたシグナルのクラスの開発と実装について説明します。 このクラスは、標準ライブラリを適用する戦略を形成するために使用されます。 フィルタを追加することにより、ピボット戦略を改善することができるでしょう。

グラフィカルインタフェースX: マルチラインテキストボックス内のワードラップアルゴリズム(ビルド12)

マルチラインテキストボックスの開発を続けましょう。今回の課題は、テキストがボックス幅を超えた場合には自動的にワードラップを行い、機会が生じた場合にはワードラップを取り消してテキストを前行に収めることです。

グラフィカルインターフェイスを使用したユニバーサルトレンド

この記事では、普遍的なトレンドインジケーターを、標準のインジケーターの数に基づいて作成します。 さらに作成されたグラフィカルインターフェイスは、インジケーターの種類を選択し、そのパラメータを調整することができます。 インジケーターは、色付きのアイコンのラインを持つ別のウィンドウに表示されます。

グラフィカルインターフェイスX:ソート、テーブル再構築とセル内のコントロール(ビルド11)

レンダーテーブルにデータソート、列と行の数の管理、コントロールを配置するためのテーブルのセルタイプの設定といった新しい機能を追加し続けます。

グラフィカルインターフェイスX:レンダーテーブルの更新とコード最適化(ビルド10)

レンダーテーブル(CCanvasTable)に新しい機能を補完していきます。テーブルには、ホバー時の列の強調表示;、各セルにアイコンの配列を追加する機能とそれらを切り替えるメソッド、 実行時にセルテキストを設定または変更する機能などが含まれます。

グラフィカルインタフェースX:レンダーテーブルの新機能(ビルド9)

今日までは、ライブラリの最も高度なテーブルはCTableでした。このテーブルは、OBJ_EDIT型のエディットボックスから組み立てられており、さらなる開発は難しいです。したがって、機能の最大化においては、ライブラリ開発の現段階を考慮しても、CCanvasTable型のレンダーテーブルを開発する方が賢明です。その現バージョンはまったく使えない状態ですが、この記事から始めて状況を改善していきましょう。

グラフィカルインタフェースを備えたユニバーサルチャンネル

すべてのチャネルインジケータは、上中下の3ラインとして表示されます。 移動平均インジケーターは主にチャネルに使用されますが、中央の線の描画原理は移動平均に似ています。 上下の線は中心線から等しい距離に位置します。 この距離は、標準偏差値 (ボリンジャーバンドバンド)、または ATR値 (ケルトナーチャネル) を使用して、価格のパーセント (エンベロープインジケータ)...

グラフィカルインタフェースX: マルチラインテキストボックス(ビルド8)

マルチラインテキストボックスについて説明します。OBJ_EDIT型のグラフィカルオブジェクトとは異なり、ここで説明されるバージョンには入力文字数の制限がありません。また、カーソルをマウスまたはキーを使用して移動してテキストボックスをシンプルなテキストエディタに切り替えるモードも追加されています。

MQL5で3Dモデリング

時系列は、動的なシステムであり、確率変数の値が継続的または連続に等間隔で受信されます。市場分析の2Dから3Dへの移行は、複雑なプロセスと研究オブジェクトにおいて、新たな展望を与えます。この記事では、2次元データの3D表現をする可視化手法について説明します。3Dモデリングは、複雑なプロセスや現象を分析し、その結果を予測できます。

グラフィカルインタフェースX:リストとテーブルの高度な管理コードの最適化(ビルド7)

ライブラリコードの最適化が必要です。それは、より規則正しく、学習のために読みやすく理解しやすくなければありません。さらに、以前に作成したコントロール(リスト、テーブル、スクロールバー)の開発が続きます。

グラフィカルインタフェースX: Timeコントロール、チェックボックスコントロールのリストとテーブルのソート(ビルド6)

グラフィカルインタフェースを作成するためのライブラリの開発が続きます。今回は、チェックボックスコントロールのリストとTimeが対象となります。さらに、CTableクラスではデータを昇順または降順に並べ替えることができるようになりました。

インジケータのバッファや配列を使わずにヒストグラムを形成する統計分布

この記事では、グラフィックメモリの助けを借りて、相場の統計的分布ヒストグラムをプロットする可能性について説明します。サンプルのヒストグラムと mql5のグラフィカルオブジェクトの「非表示」関数があります。

GUIによる汎用的なオシレーター

この記事では、独自のグラフィカルインターフェイスを使用して、よくあるオシレーターに基づく汎用的なインジケータの作成プロセスについて説明します。GUIは、ユーザーが迅速かつ容易に、グラフ ・ ウィンドウから (開くことがなくそのプロパティ)、各オシレーターの設定を直接変更するとでき、特定のタスクに最適なオプションを選択することができます。

グラフィカルインタフェースX: テキストエディットボックス、ピクチャスライダー、及びシンプルなコントロール(ビルド5)

この記事では、テキストエディットボックス、ピクチャスライダー、および追加的なシンプルなコントロール(テキストラベルとピクチャ)の新しいコントロールについて検討します。ライブラリは成長を続けており、新しいコントロールの導入に加えて、以前作成されたものも改善されています。

不変なジグザグ

ジグザグは、MT5のユーザーの間で人気の高いインジケーターです。この記事では、ジグザグのさまざまなパターンを作成する可能性について分析します。この結果はEAの開発に有用であるばかりでなく、その関数を拡張する不変なインジケーターとなりえます。

80-20 トレード戦略

この記事では、80-20 トレード戦略を分析するためツール (インジケーターおよびEA) の開発について説明します。トレードルールは"ストリートスマート"より引用します。リンダラッシュクとローレンス · コナーズによる"短期的なトレード戦略”です。mql5を使用して、戦略ルールを定式化し、最近の相場のヒストリーベースで、インディケータとEAをテストします。

グラフィカルインタフェースX: 標準チャートコントロール(ビルド4)

今回は、標準のチャートコントロールについて考えていきます。これによって水平スクロールを同期させる機能を持つサブチャートの配列の作成が可能になります。また、引き続き、ライブラリのコードを最適化してCPU負荷を軽減します。