無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

インディケータ

MACD TEMA - MetaTrader 5のためのインディケーター

Mladen Rakic | Japanese English Русский 中文 Español Deutsch Português

ビュー:
375
レーティング:
投票: 16
パブリッシュされた:
2018.05.07 07:41

Patrick Mulloyは、シグナルの遅れがより少ないMACDの研究の継続である "Smoothing Data With Less Lag"(より少ない遅れをもっての平滑化)稿では、EMAを使用する代わりにTEMA(Triple Exponential Moving Average、3重指数移動平均)を使用することに決めました。

Patrick Mulloy: テクニカル分析で使用される標準の移動平均平滑化では、2つの相反する特性が常に働いています。移動平均(MA)の長さを増やしてランダムなばらつきを取り除きますが、そうすることでMAとデータ間の遅れが増します。私の最初の記事では、業界標準の単純移動平均(データの直接的な移動平均であるSMA)とより速く応答する指数移動平均(EMA)について説明しました。SMAとEMA平滑指標はどちらも定常状態で長期間同じ遅れを示します。:

(1 - a)/a

ここでa = 2/(w+1)でwが移動平均期間です。MA期間wに関して、ラグは

(w-1)/2 です。

前の記事では、DEMAと呼ばれる新しい指数移動平均が紹介されました。これは、このラグを定常状態でなくしました。さて、ここに2つの他の移動平均があります。1つはTEMAとして知られており、一重、二重、三重EMAを使用するマルチ平滑化技術の拡張です。

MACD TEMAはMACD DEMAよりもさらに高速で、パラメータに応じて、スカルピングモード(短い計算時間)またはトレンドモード(より長い時間が使用される場合)になります。MACDは主にモメンタム指標であり、それがMACDの主な目標であることを決して忘れないでください。

MetaQuotes Software Corp.により英語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/en/code/19970

MACD DEMA MACD DEMA

計算のためにDEMAを使用しているMACDです。

投資システム4.5 投資システム4.5

口座残高と最後の取引の結果に基づく取引システムです。

チャネル チャネル

移動平均に基づく期間220の取引と220の異なる高さの3つのエンベロープです。ポジショントレール

方向性効率比 方向性効率比

Efficiency Ratio (ER) は、Perry Kaufmanによって1995年の著書「Smarter Trading」で最初に発表されました。これは、一定期間にわたる価格変動を、変動を達成するために発生した価格変動の絶対和で除算して計算されます。結果として生じる比率は0と1の間の範囲であり、より高い値はより効率的またはトレンドのある市場を表します。