MetaTrader 5をダウンロードする

無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

インディケータ

BS_Living_Now - MetaTrader 5のためのインディケーター

| Japanese English Русский 中文 Español Deutsch Português

ビュー:
147
レーティング:
投票: 14
パブリッシュされた:
2017.01.16 11:39

実際の著者:

Backspace

BS Living Now 指標は市場の極値を指し、標準フラクタル指標に多少似ています。

ビルウィリアムズのフラクタルに精通なさっていない場合、この指標はほぼすべての取引プラットフォームの標準指標で簡単に見つけることができます。 チャートに添付すると、これら2つの指標の類似性がすぐに確認できます。

しかし、チャート上の極値を決定する際にはこれらの指標には異なるフィルタが適用されるので、これらの指標は似てはいますが本質的に異なっています。

さらに、BS Living Now 指標はフィルタをカスタマイズする機能を備えており、マークする極値の数を調整できますが、標準フラクタル指標では、前記されたビルウィリアムズの書籍の1部に記述されている厳密な公式を条件としているため、このような調整やほかの何かの変更は不可能です。

指標入力パラメータ:

//+----------------------------------------------+
//| 指標の入力パラメータ        |
//+----------------------------------------------+
input uint iPeriod=10;  // 指標の期間
input int Shift=0;      // バー単位での指標の横シフト

iPeriodパラメータが大きいほど、チャートに表示される極値の数は少なくなります。逆に、パラメータが小さいほど、マークされた極値の数が多くなります。よって、取引でこの指標を使う前に、現在のペアにとって最適なパラメータが選ばれるべきです。

取引での使用:

この指標はアシスタントとして扱われるべきで、チャート上の重要なレベルを示します。また、履歴をいくらか見ると、新しい天井は上昇トレンドではすべて前のものよりも高く、下降トレンドでは低くなることがわかります。

これは、正しいトレンドを決定してBS Living Now 指標を使用すると、参入タイミングを正しく決定できるだけでなく、後続の各極値のブレークアウト時に既存のポジションに追加できることを意味します。

さらに、このような戦略には優れたマネーマネジメントを適用することができます。つまり、最初の取引は大ロット、続く取引を小ロットですることができます。したがって、突然の反転の場合にも、少量の取引からは損失があっても大量の取引から利益を得て、全体としては利益を得る可能性が高まります。

図1 BS_Living_Now指標

図1 BS_Living_Now指標

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/16178

i4_DRF_v3 i4_DRF_v3

高値と安値の上昇と下降の計算を伴うシンプルなトレンド指標。

Elliott_Wave_Oscillator_Sign_Alert Elliott_Wave_Oscillator_Sign_Alert

Elliott_Wave_Oscillator指標のアルゴリズムに基づいたセマフォシグナル指標で、アラート機能、電子メール、モバイルデバイスへのプッシュ通知の送信を特徴とします。

CronexChaikin_Signal CronexChaikin_Signal

CronexChaikin_Signal指標は、固定された時間枠でのCronexChaikin指標の値を使用して、現在の動向に関する情報を示します。

CronexDeMarker_Signal CronexDeMarker_Signal

CronexDeMarker_Signal指標は、固定された時間枠でのCronexDeMarker指標の値を使用して、現在の動向に関する情報を示します。