無料でロボットをダウンロードする方法を見る
Facebook上で私たちを見つけてください。
私たちのファンページに参加してください
興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれを評価してもらいます
記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。
インディケータ

Volume Profile + Range v6.0 - MetaTrader 5のためのインディケータ

発行者:
Olexiy Polyakov
ビュー:
6451
評価:
(227)
パブリッシュ済み:
2016.07.22 12:22
アップデート済み:
2016.11.22 07:34
このコードに基づいたロボットまたはインジケーターが必要なら、フリーランスでご注文ください フリーランスに移動

Volume Profile + Range v6.0(元TPO)。与えられた時間間隔での価格レベルによる取引の分布。ヒストグラムとして表示。レベルでのヒストグラムの幅は、その上で行われたトランザクションの数を意味します。

ブローカが実数量のデータを提供する場合、指標が同様にその上の分布を表示することができます。


主な特徴:

  • VP:標準的な期間に等しいステップでの分布の表示
  • VP-Range:計算の境界を設定するさまざまな方法を使用して、任意の選択した期間の分布を表示
  • 表示データ(ヒストグラム、モード、最大値)構成
  • 1つのチャート上でいくつかの指標を起動する機能

VPはチャートを(同時間)間隔に分割しそれぞれの分布を表示します。範囲は、現在のものよりも小さくない標準的な時間枠の値等しくなければなりません。例えば、H1では、範囲はH1、H4、D1、W1、MN1として指定することができます。MT5は中間時間枠を備えています。

VP-Rangeは単一の範囲のみで動作します。境界は、次のいずれかの方法で指定することができます。

  • 任意の垂直線
  • 最後のチャートの分数を使用
  • 右境界を設定してそれに分数を設定

線で境界を指定する場合は、右側の境界線のバーは計算では考慮されません。これは、時間枠の切り替え時の変化からソースデータと分布型を守るために行われます。

長い時間枠からのバーは、短い時間枠からの期待より少ないバーを含んでいてもよいです。これは、低流動性と運用の中断によって引き起こされる相場履歴内の自然のギャップによって発生します。指標がバーの1週間前を表示するには、左境界の時刻は右境界の時刻と一致してはなりません。データは異なる取引センターで異なる可能性もありますが、適用されるデータは大量なので結果は似ています。


計算法

計算方法は、特定の価格で行う取引の数を合計します。あるいは、実数量タイプがパラメータで設定されている場合特定の価格での数量を加算することができます。

取引データは、利用可能な最も正確な端末データ(М1時間枠データ)に基づいて補間されます。各バーは、バーの内の予定価格の動きに基づいていくつかの取引に分割されています。これは補間を持たずに指標が起動された時点での時間枠を使う他製品と比べ、この製品の際立った特徴です。

追加ソースを使用しない更なる精度向上はM1データのティックへのより信頼性の高い補間によって達っせられたかもしれません。しかし、MetaTrader4 を使用するほぼすべてのブローカは独自の相場の流れを持っており、そのような改良は実質的に役に立ちません。検証はディストリビューションがすべてのブローカでほぼ同じように見えると示しています。使用された方法の結果は、最も正確なデータを使用して受信されたディストリビューションに匹敵します。

分布の最大値(modes)は、通常、支持/抵抗レベルとして使用されます。「シェーディング問題」のせいで、良好なレベルを決定する際に最大モードを探す理由はありません。次の価格クラスタは以前のものに大幅な影響を与え、時にはそれを完全に隠蔽します。その反対も同じです。慎重にチャートを研究し、VP-Rangeの助けを借りて、最も興味深いセグメント上のディストリビューションを構築することによってレベルを指定します。より大きな範囲での分布は大きな重量を有していてもよいです。

バージョン6.0は、データソースの時間枠を指定する機能を備えています。MetaTrader 5はまた、ブローカーが提供するティックを使用する能力を提供します。「Data source」パラメータをご参照ください。


インストール

ターミナル設定を開きます(ツール\オプション)。「チャート」タブで指標を使用する方法に応じて、バーの最大数を設定します。毎日は1440分(多くて1440分足)です。例えば「チャートの最大バー」が250000,の場合、M1の時間枠のデータが利用可能であれば指標は250000/1440=173日分のデータを受信することができるようになります。65000の値は、45日分のデータ(2か月と2,3日)を提供します。


バー数の設定

パラメータを変更した後、端末を再起動します。「チャートの最大バー」に大きな値が指定された場合、指標がなくても、端末は大幅に減速して多くのメモリを必要とするかもしれません。全ての取引センターが長期のチャート履歴を提供することを心に留めておいてください。


指標のインストール:

  • 端末を閉じます。
  • 指標とアーカイブをダウンロードし、解凍します。
  • 指標ファイル(*.mq4または*.mq5)を端末の指標フォルダにコピーします。作業フォルダは端末を起動したときに操作ログで見ることができます。
  • 端末を起動します。


VP 及び VP-Range 一般パラメータ

パラメータ 説明
Mode step(ポイント単位) (銘柄毎に主観的に選択)モード間の最小ステップ。
Point scale ヒストグラムを描画するときのポイントスケール。値が大きいほど動作は高速ですが表示がもっと雑です。
Volume type 数量タイプ(ティックまたは実)。ブローカーが実数量を提供しない場合は、指標は何も表示しません。
データソース データソース:
  • Ticks (MT5 only) - (利用可能な場合)ブローカーのサーバーからのティック
  • M1, M5, M15 - 指定された時間枠のバーに基づいて補間されたティック
バーのスタイル ヒストグラムバースタイル:
  • Lines - 線
  • Empty bar - 空の長方形
  • Filled bar- 塗られた長方形
  • アウトライン
Color 1 ヒストグラムの色1。チャートの背景色を使うには None に設定します。
Color 2 ヒストグラムの色2。チャートの背景色を使うには None に設定します。
Line width ヒストグラムを描画するときの線の幅。
Mode color (None=無効) 極大値の色(分布モード)。無効にするにはNoneに設定します。
Maximum color (None=無効) 最大値の色。無効にするにはNoneに設定します。
Median color (None=無効) 中央値の色。無効にするにはNoneに設定します。
VWAP color (None=無効) VWAPの色(価格数量による加重平均)。無効にするにはNoneに設定します。
Mode line width モードラインの幅。
Median & VWAP line style 中央値とVWAPのスタイル。
Identifier 指標ID。1つのチャート上のいくつかの指標インスタンスに対して異なる値を使用します。

 


VPパラメータ

パラメータ 説明
Range period 時間枠。M1からMN1の標準値(1、5、15、30、60、240、1440、10080、43200)のみ。MT5はまた、中間の時間枠を使用可能にします。
Range count 範囲の数。
Time shift -12~ +12時間の1時間のステップでの時間シフト。
Draw direction ヒストグラムの描画方向 - 左から右または右から左。

 


VP-Rangeパラメータ

パラメータ 説明
Range mode 境界範囲表示の方法:
  • Between lines - 2本の線の間
  • Last minutes - 直近のRangeMinutes分
  • Minitues to line - 右線へのRangeMinutes
Range minutes RangeMode1及び 2の分数
Histogram position ヒストグラムの位置:
  • Window left - ウィンドウの左端
  • Window right - ウィンドウの右端
  • Left outside - 左の範囲の境界から左
  • Right outside - 右の範囲の境界から右
  • Left inside - 左の範囲の境界から右
  • Right inside - 右の範囲の境界から左
Mode level line color(None=無効) モードでプロットされたレベルの色。無効にするにはNoneに設定します。
Mode level line style モードレベル線のスタイル。

MetaQuotes Ltdによってロシア語から翻訳されました。
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/15440

多通貨取引パネルやゲームシステム 多通貨取引パネルやゲームシステム

マルチ通貨ゲーム取引パネルを作成するためにMasterWindowsライブラリを使用する例。

XDPO_HTF_Signal XDPO_HTF_Signal

XDPO_HTF_Signalは、トレンドの方向またはXDPO_Sign指標によって生成された取引シグナルを着色したトレンド又は取引の方向の表示を持ったグラフィックオブジェクトとして示します。

XTRIX XTRIX

TRIX指標は平均化アルゴリズムの変更を可能にします。

ColorXTRIX_Histogram ColorXTRIX_Histogram

TRIX指標は色付きのヒストグラムとして表示され平均化アルゴリズムの変更を可能にします。