無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ビュー:
332
レーティング:
投票: 32
パブリッシュされた:
2016.06.16 10:56
アップデートされた:
2016.11.22 07:34
\MQL5\Include\

ペアトレードに精通していない方は「文献」で情報を見つけることができます。概念は次のように簡単に説明することができます。 

2つの類似の資産のチャートを重なって置くことによって比較した場合、それらが一定の距離で発散して再び収束していることがわかります。これは、何度も何度も発生します。これを利益を得るのに使わない理由はありません。

 

エキスパートアドバイザーはEURUSD H1に設定されています。GBPUSDはデフォルト相関ペア(Symbol2 変数または「間接シンボル」)として選択されています。エキスパートアドバイザーはそのプランに従って市場を追跡しますがそれをシンセティックと混同してはいけません。シンセティック分析はコンスタントな平均と両方の資産のドラッグに基づいています。この場合、チャートは単にオーバーレイされています。しかし、オーバーレイの前に、このエキスパートアドバイザーは無制限の出発点を定義します。そこから出発し、2つのペアが最初に交差しているものとします。その後、その価格変動の範囲がエキスパートアドバイザーが設置されている銘柄の範囲とほぼ同様であるようにSymbol2 をスケールします。いくつかの統計が Range (「トレーニングの場」)ローソク足のために収集されます。この期間の最大のシンボル相違が発見されます。さらにCorrectLimit(「信号の境界線の補正」)による最大値からの発散が発生した場合、新しいポジションが開かれます。より正確にいうと、ポジションペアは(銘柄ごとに1ポジション)が開かれている場合です。銘柄が発散続けた場合、第2の取引ペアは、同じ数の点の後に開かれます。そのような取引の最大数はMaxDeals変数(「トランザクションの最大数」)で制限されます。

CorrectDist変数 (「分離検索の係数の長さ」)はより深い分析のためのトレーニング期間の値を変更します。

エキスパートアドバイザーは、直接および逆相関を持つ2つの通貨ペアで取引されています。これにはCorrelationスイッチ(「相関係数」)が使われます。しかし、2ペアの分析相違での取引も可能です。例えば、EURUSDとGBPUSDの2つのペアの代わりに EURGBPでの取引が可能で宇s。これにはCross半数に括弧なしで「EURGBP」を入れます(2つの代わりにどのペア(クロス)を取引するか)。GBPEURを取引しようとしている場合はエキスパートアドバイザーのCrossType (「ダイレクトクロスレート」)変数でfalseの値を指定します。

最後のトレーニング中に得られた知見の有効期限後、再訓練は最適の(「再訓練の間隔」)ローソク足を介して行われます。

エキスパートアドバイザーには2つの約定シグナルがあります。銘柄が最大の発散からCloseCorr(「不一致の削減で決済」)によって元に戻ってポジションがProfit %を達成する。

mqhインクルードファイルにはエキスパートアドバイザーのの正しい操作に必要な補助関数が含まれて含まれています。MyMQL_v2.1.mqh - エキスパートアドバイザーのMQL4プログラミング言語からMQL5への適応のための関数。
PrintLog.mqh - エキスパートアドバイザーをテストするときFilesフォルダにequity.csvテーブルを作成するために必要。表には口座の持分変更の履歴が含まれています。この情報は、テスト中のドローダウンの詳細な分析のために使用することができます。 また、様々な取引システムの持分の変更のグラフをオーバーレイすることができます。

デフォルトパラメータを使用した11年間のEURUSD H1上の始値によるテスト:


文献:

2012年9月8日 - 間接的な銘柄履歴の中で可能な「穴」についてのコメントを考慮しエキスパートアドバイザーのコードを改善しました。 

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/955

Point and Figure Point and Figure

バーに示され、別のウィンドウに表示されるPoint and Figure指標。

期間の高さ 期間の高さ

この指標は、期間の最大値と最小値との差分を算出します。期間は、指標のパラメータに指定されています。

EMDcotir(経験的モード分解) EMDcotir(経験的モード分解)

現在の銘柄の経験的モード分解。

GMACD GMACD

2つの線を持つMACD。この指標は、取引プラットフォームの多くでデフォルトで使用可能です。しかしそれはMetatrader 5に存在しません。