無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

インディケータ

Step VHF adaptive VMA - MetaTrader 5のためのインディケーター

Mladen Rakic | Japanese English Русский 中文 Deutsch Português

ビュー:
98
レーティング:
投票: 9
パブリッシュされた:
2019.03.26 10:07

理論

Tushar Chandeが両方の開発に参加したため、VMA(可変移動平均)はVIDYA(ボラティリティ指数動的平均)と誤って混同されることがよくあります。しかしVMAはVIDYAに先行していたので、それを間違えてはいけません。元のVMA計算の式は次のとおりです。

VMA = (α * VI * Price) + ((1 – ( α * VI )) * VMA[1])

ここで

α = 2 / (N + 1)

VI = ユーザーが選択したボラティリティまたはトレンドの強さの尺度

N = ユーザーが選択した一定の平滑化期間

このバージョンの特徴

その名前から明らかなように、このバージョンには、2つのオプションといくつかの変更が追加されています。

  • Tushar Chandeが標準偏差比(SDR)を使用していたVI(ボラティリティの尺度)に固定ユーザー入力の代わりにAdam Whites Vertical Horizontal Filter(VHF)を使用することによって、現在の市場のボラティリティに自動調整
  • ステップ計算を使用して重要性の低い勾配方向の変化を除外するためのオプションを追加(ステップサイズを0に設定すると、ステップフィルタリングなしの元のVHF adaptive VMAが生成されます)。

市場のボラティリティが低いときにはほぼ水平方向の値の期間が長くなる傾向があるため、VMAはこのタイプのフィルタリングの「良い候補」です。 半EMA計算の結果として発生している変更は除外され、シグナルはより使いやすくなります。

使用法

変色をシグナルとして使用できます。ステップサイズを実験します(このバージョンでは、ユーザー入力として入力されたピップに基づいてステップサイズを使用しているため)。

MetaQuotes Software Corp.により英語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/en/code/22874

標準偏差比 標準偏差比

標準偏差比(SDR)

EMA適応型標準偏差比 EMA適応型標準偏差比

EMA適応型標準偏差比

Averages composite trend Averages composite trend

一連の平均で構成されるトレンド

Blau Ergodic TSI Blau Ergodic TSI

ウィリアム・ブラウによって説明されたErgodic TSI (True Strength Index)です。