NY: ドル指数は今月最大の下げ-雇用統計後の上昇息切れ

NY: ドル指数は今月最大の下げ-雇用統計後の上昇息切れ

12 11月 2015, 06:59
Yamaguchi Katashi
0
88

ドル指数は11日のニューヨーク外国為替市場で低下した。 11月に入るので、それはほとんどダウンしていた。トレーダーらによると、タイミングや米国の金融当局によるペース利上げ時期とそのペースを見極めしようとしている。

先進10カ国の通貨への月の初めからその1%超の上昇でドルは、緩慢なペースで成長した。政策金利が68%、米国の連邦公開市場委員会来月(FOMC)で提起される確率は、先物市場に織り込まれている。 10月末は50%だった。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの通貨戦略グローバルな責任は、マークチャンドラーは「ドルは過去3週間で大幅に移動した。ビガー、多くの場合、予期市場参加者を調整し」と述べた。「しかし、調整がのを見ると浅いですが、投資家の関心はそれほどでもなく、今年初めのようなドル・ロングへの傾斜ではないことが分かる」と続けた。

ニューヨーク時間17:00現在、10の主要通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグダラースポット指数は0.31229.43を下げる。月の初めから、増加の1.6%。ドル対ユーロで€1 = $ 1.0747 0.2%安。タイの円で0.2%より低いが、$ 1 = 12286銭となっています。

ドルの上昇は米金融当局による初回利上げに市場が備えつつあることを示す一方で、インフレを押し下げ、企業利益を損ねるリスクを伴う。1022日までに決算を発表したS&P500種採用企業のうち3分の2が、アナリストや投資家との電話会議でドルの上昇や為替変動による影響を指摘した。

業がドルで来年、さらに増加する可能性があると感じる痛み。

スタンダード・ライフ・インベストメンツのグローバル戦略責任氏アンドリュー・ミリガンは「我々が見てきたバリュエーションの過半数があり、これが、ドルは、それは少し高価な極端ではないことを示している。ドルまだ上昇余地がある」と述べた "

それを友達とシェアしてください: