ドル・円は123円前半、米利上げ期待が支え-株安で円買い圧力

ドル・円は123円前半、米利上げ期待が支え-株安で円買い圧力

10 11月 2015, 11:44
Yamaguchi Katashi
0
88

東京外国為替市場で、ドル・円相場は$ 1 = 123円の水準で推移している。米国では12月利上げの背景日本株は、シンクの上にプラス圏に浮上しているという事実に対するドルの回復力を維持しながら、円売り圧力も適用した。

12330銭の周りの10日午前1605分現在、ドル円レート。午前中に一回12303銭を適用した後、午後には12333銭まで値を返す。また、海外市場の前の日に12360銭、一時的な、しかし、米国株式市場は、徐々にドル円に銭を入れて12298シーンを振るを拒否し始める820日以来のレベルまで弱めるドル円の進展また見られた。

山岸永幸シニアアナリストのマネースクウェア・ジャパン市場研究部は、前衛カットおそらく米国その上に「緩和コンセントの見通しは非常に適度なペースで利上げを続行する見通しである、欧州中央銀行(ECB)がありますそれはあなたが先に行く、米国と欧州の金融政策のお互いを引くには、緩和するために、大きな混乱はリスクマネーの「避けることができるという強い可能性があるから期待されます。その上で、それは「円安に振れがまたは何もしないことを期待感がある日本。」

10日の東京株式相場は反落して始まり、日経平均株価は一時185円安まで下げたが、午後の取引では下げ幅を縮小し、小幅高で取引を終えた。

ボストン連銀ローゼングレン年39日、ロードアイランド州ポーツマスの講義の社長は、「限り経済が予想通りに改善し続けると、すべての会議月を含めたFOMC(連邦公開市場委員会)の将来は、金利を引き上げることが適切です彼はあなたが、タイミングもできると述べました。 "

みずほ銀行の外国為替トレーダー、日野Keikai氏(ニューヨークZaikinが)言って、「市場は完全に12月モードになっているので、かなりの何時12月から次の、動きが呼ばれる場所に視点で出てきた」と言う。

9日の米国財務省率は6営業日続落、'10債利回りは一時2.37パーセントと721日以来の高水準に上昇した。

それを友達とシェアしてください: