MQL5 リファレンスカスタム指標指標プロパティと関数との関係 

指標プロパティと対応した関数との関係

カスタム指標にはたくさんのプロパティがあります。そのうちのいくつかは必須で、常に記述の先頭に配置されます。下記が必須プロパティです。

  • 指標プロットに使用されるウィンドウの表示 – indicator_separate_window または indicator_chart_window
  • 指標バッファの数 – indicator_buffers
  • 指標のプロット数 – indicator_plots

プリプロセッサ ディレクティブとカスタム指標作成に意図された関数を通じて設定出来るプロパティもあります。これらのプロパティと対応する機能を以下の表に記載されています。

指標サブウィンドウのプロパティに関する指令

IndicatorSet...() 型の関数

調整されたサブウィンドウプロパティの説明

indicator_height

IndicatorSetInteger(INDICATOR_INDICATOR_HEIGHT, nHeight)

サブウィンドウの高さの固定値

indicator_minimum

IndicatorSetDouble(INDICATOR_MINIMUM, dMaxValue)

縦軸の最小値

indicator_maximum

IndicatorSetDouble(INDICATOR_MAXIMUM, dMinValue)

縦軸の最大値

indicator_levelN

IndicatorSetDouble(INDICATOR_LEVELVALUE, N-1, nLevelValue)

N レベルの縦軸の値

プリプロセッサディレクティブなし

IndicatorSetString(INDICATOR_LEVELTEXT, N-1, sLevelName)

表示されたレベルの名称

indicator_levelcolor

IndicatorSetInteger(INDICATOR_LEVELCOLOR, N-1, nLevelColor)

N レベルの色

indicator_levelwidth

IndicatorSetInteger(INDICATOR_LEVELWIDTH, N-1, nLevelWidth)

N レベルの線の幅

indicator_levelstyle

IndicatorSetInteger(INDICATOR_LEVELSTYLE, N-1, nLevelStyle)

N レベルの線のスタイル

プロットプロパティに関する指令

PlotIndexSet...() 型の関数

調整されたプロットプロパティの説明

indicator_labelN

PlotIndexSetString(N-1,PLOT_LABEL,sLabel)

N 番目のプロットの短縮名(データウィンドウ、及び、マウスカーソルのホーバー時にポップアップツールヒントで表示)

indicator_colorN

PlotIndexSetInteger(N-1, PLOT_LINE_COLOR, nColor)

N 番目のプロットの線の色

indicator_styleN

PlotIndexSetInteger(N-1, PLOT_LINE_STYLE, nType)

N 番目のプロットの線のスタイル

indicator_typeN

PlotIndexSetInteger(N-1, PLOT_DRAW_TYPE, nType)

N 番目のプロットの線の種類

indicator_widthN

PlotIndexSetInteger(N-1, PLOT_LINE_WIDTH, nWidth)

N 番目のプロットの線の幅

指標の共通プロパティ

IndicatorSet...() 型の関数

説明

プリプロセッサディレクティブなし

IndicatorSetString(INDICATOR_SHORTNAME, sShortName)

端末でCtrl+Iを押すことによって表示される指標リストでの指標の短縮名を設定します。

プリプロセッサディレクティブなし

IndicatorSetInteger(INDICATOR_DIGITS, nDigits)

小数の桁数として、指標値の表示に必要な精度を設定します。

プリプロセッサディレクティブなし

IndicatorSetInteger(INDICATOR_LEVELS, nLevels)

指標ウィンドウのレベルの数を設定します。

indicator_applied_price

このプロパティはプリプロセッサディレクティブのみで設定可能で関数はありません。

指標計算に使用されるデフォルトの価格型。OnCalculate() の1 番目の種類が使用された時のみ、必要に応じて指定されます。

プロパティ値は指標プロパティダイアログの「パラメータ」タブの「適用価格」で設定します。

プリプロセッサではレベルやプロットの番号付けが1から始まる一方、関数で同じプロパティを使用する場合番号付けが0から始まることには留意されるべきです。

対応する関数のないディレクティブはいくつかあります。

ディレクティブ

説明

indicator_chart_window

メインウィンドウでの指標の表示

indicator_separate_window

別のサブウィンドウでの指標の表示

indicator_buffers

必要な指標バッファの数

indicator_plots

指標でのプロットの数