武漢でのコロナウイルスによる死亡数は、流行の最初の日の混乱のために50%過小評価されました

20 4月 2020, 04:23
Alexandr Ovcharenko
0
19
中国武漢での流行時の新しいコロナウイルスによる死亡者数は、当初発表されたデータを1,300人上回っていますが、これは犠牲者の数を減らす試みによるものではなく、流行の最初の日の混乱によるものでした。

最初にウイルスの力を手に入れた市は以前に2.579人の死者を報告しましたが、その数は増加しました。最初に受け取ったデータは信頼性が低く、遅延していて不完全だったため、コロナウイルスとの闘いを担当する地方政府ワーキンググループが報告しました。

これらの調整を考慮して、中国は金曜日に国の死者数を4,632人に修正しました。

武漢での死者数は公式発表よりも高いという噂が出た後、中国はデータを修正した。

火葬された愛する人の灰を拾うのを待っている人々の長い爆発の写真の公開の後で噂は激化しました。

「初期の段階では、病院の収容能力が限られていること、および医療関係者の不足が原因で、いくつかの医療機関が現地の疾病管理および予防システムにタイムリーに連絡できなかったため、確定した症例の報告が遅れ、患者数が不正確になった」と国営テレビは報じた。 CGTN、武漢の無名の役人の言葉を引用。

水曜日の米国大統領ドナルドトランプは、中国での死者数に関する以前に発表されたデータについて疑問を表明しました。

「中国と呼ばれるこの巨大な国でこれらの数字を本当に信じていますか?...誰かが本当にそれを信じていますか?」 -トランプは言った。

国家保健委員会によると、武漢の改訂データが発表される前に、中国は木曜日に26のコロナウイルスの新たな症例が報告されたと報告しました。その結果、中国本土での症例総数は82.367でした。

新しいケースのうち、15件が輸入され、3月17日以来最低です。新しい無症候性症例の数は、1日前の64から66に増加しました。

中国では、確認された症例で咳や発熱などの臨床症状のない患者は含まれていません。

新しい致命的な症例は報告されていません。
それを友達とシェアしてください: