英中銀:8対1で政策金利据え置き決定、インフレ予想を下方修正

英中銀:8対1で政策金利据え置き決定、インフレ予想を下方修正

6 11月 2015, 07:57
Kadze
0
91

イングランド銀行(英中央銀行)は5日、今年と来年の成長およびインフレ率の予想を下方修正した。金融政策委員会(MPC)が8対1で政策金利据え置きを決めたことも明らかにした。

彼の中央銀行の政策金利とMPC議事録は、同じ時間は、四半期ごとの価格のレポートを発表しした。同報告書によると、予想される消費者物価指数の上昇率と201612月(下期)に7月には1%未満では、中央銀行の目標の半分以下のままにする。さらに、この見通しには下振れリスクがあると中銀はみている。また、ポンド高が引き続きインフレ率を押し下げ、この効果もないだけ遅いペースで色あせ期待されている。

政策金利は過去最低の0.5%で据え置いた。議事録によると、9人のMPCメンバーの中でイアン・マカファティー氏のみが利上げを主張した。大多数は、基調的な物価圧力は引き締めを「正当化するほど強くない」との見解で一致した。

15年と16年の成長率見通しはそれぞれ2.7%と2.5%に引き下げ、一方で17年予想は2.7%に上方修正した。インフレ率予想は17年7-9月(第3四半期)までについて下方修正。同年1012月(第4四半期)に2.1%に達し、その1年後は2.2%前後と予想した。中銀目標は2%。

物価報告は依然、利上げ開始時期が投資家の想定よりは早いことを示唆するものの、その時点に向かうペースは極めて遅いことも示す内容だった。

カーニー総裁は、報告書と一緒に公開されているオズボーン財務大臣への手紙の中で、それが2年間でインフレの目標レートに戻るには、目的を想定している「前と後」の時点で2年から変更されています「内の「以前の報告。特定の時間にではなく、参照が「予測期間に政策金利を上げる可能性が高い必要性の人々と日の価格報告書に基づき、決定する大きなMPCで発生しました」。

議事録によれば、MPCは、エネルギーが低下すると予想され、イールドカーブの減少は国内需要を支えている。成長へのリスクの大半は新興市場を中心とした世界の環境に起因すると見られている。一方、マカファティー氏はインフレの上振れリスクを指摘した。

量的緩和(QE)で購入した英国債については、政策金利が2%に達するまでは売却せず満期を迎えたものは再投資を続けると表明した
それを友達とシェアしてください: