日本経済は、景気後退の脅威に直面している

日本経済は、景気後退の脅威に直面している

11 10月 2015, 17:07
Yamaguchi Katashi
0
97

政府と日本の中央銀行が量的緩和の方針をとり続けるということは、数ヶ月前から知られていた。例えば、八月中旬に安部総理のアドバイザーはブルームバーグとのインタビューで、人民元の切り下げが日本の外需を抑制する場合、政府はすぐに金融緩和を行うと述べた。

中国経済の問題がユーロ圏の経済パフォーマンスにマイナスの影響を与える場合は、同時に欧州中央銀行も何回も量的緩和プログラムについて示唆しました。

2015710日に日本銀行は定例の会議で年間80兆円(66百億ドル)の経済刺激プログラムを維持した。この決定は、エコノミストの予想と一致した。

Verum Option のアナリストにより、日本が、国内のデフレに対抗する措置として量的緩和を2001年の春に採用していたことを思い出させた。当時、わずか4年で、中央銀行が商業銀行を復活させるために、5兆円〜35兆円を融資した。

Verum Optionの専門家は、今月末までに、日本の当局は景気刺激プログラムの規模を増大させる決定をするかもしれないと予測している。現時点では、GDP250%まで増大した公的債務を抑制するための量しかないからだ。

同時、日本経済には不況に戻る恐れもある。そこで、第2四半期のGDPの年率で1.2%減少しました。第3四半期のデータが景気後退を示す場合は、賃金の弱い上昇とインフレターゲットの実現不能が合わさり、政府は、景気後退の開始を認識する必要があります。すべてこれらのリスクを背景に日本銀行は80兆円から100兆円(83百億ドル)、国債の購入を20%増加する可能性が高い。

それを友達とシェアしてください: