中国製造業PMI47.0と予想を下回る・アジア為替見通し

中国製造業PMI47.0と予想を下回る・アジア為替見通し

23 9月 2015, 14:34
Antuan81
0
55

奇跡は起きませんでした。中国経済が想定より急速に悪化しています。9月の中国製造業PMI 速報値はエコノミスト予想の47.5を下回り、47.0となりました。 2009年3月以来6年半ぶりの低水準となりました。.

中国経済の冷え込みがさらに強まる可能性が高いです。 国民の祝日の日本相場での活躍が少ないので、アジア太平洋地域に関する話題の国は中国です。アジア太平洋地域における主要経済指標は下降。上海総合指数 は2,16%下降、 ハンセン指数 は2,05%下降。 S&P/ASX 200 は 2,07%下降、 KOSPI は1,89%下降。

7ヶ月連続で中国産業は悪化する傾向があります。アンケート調査によると、会社等は生産量を削減し、価格が下がり、注文数が少なくなるそうです。

中国経済はさらに悪化する恐れが強いです。過去25年間で、中国経済の影響が少なくなる傾向があります。中国証券市場の暴落や、中国平価切下げなどは全世界の多国籍企業を直撃します。

ヨーロッパ株式市場が反発したということです。予想は当たらず、ドイツ生産が少しだけ上昇、ドイツの製造業PMI は予想の52,8を下回り、52,5となり、ドイツのサービス業PMI は予想の54,6を下回り、54,3となりました。ドイツの総合PMIは54,3。予想を上回り、フランスPMIが上昇しました。

それを友達とシェアしてください: