MQL5における統計とデータの分析に関する記事

数学的なモデルと確率の法則は多くのトレーダーにとって興味深いでしょう。数学はテクニカルインディケータの基本であり、トレーディングの結果を分析しストラテジーを開発するためには統計が必要です。

あいまいなロジック、デジタルフィルタ、マーケットプロファイル、コホーネンマップ、ニューラルガス、そしてトレーディングに使うことができる多くの他のツールについて読んでください。

最新の | ベスト

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第29部): 未決取引リクエスト - 特定の条件下での注文とポジションの削除と変更

本稿では、保留中リクエスト取引の概念の説明を完了し、未決注文を削除する機能と、特定の条件下で注文とポジションを変更する機能を作成します。したがって、シンプルなカスタム戦略、またはユーザ定義の条件でアクティブ化されるEA動作ロジックを開発できるようになります。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第28部): 未決取引リクエスト - 特定の条件下でのポジションの決済

保留中リクエストを使用した取引を特徴とするライブラリ機能の開発を継続します。ポジションを開き、未決注文を出すための条件付き取引リクエストの送信をすでに実装しています。現在の記事では、条件付きのポジション決済(完全決済、部分決済、反対ポジションによる決済)を実装します。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第27部): 未決取引リクエスト - 特定の条件下でポジションを開く

ユーザが保留中リクエストを使用して取引できるようにする機能の開発を継続します。本稿では、特定の条件下で指値注文を出す機能を実装します。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第26部): 未決取引リクエスト - 特定の条件下でのポジションのオープン

この記事から始めて、特定の制限時間に達した、指定された利益を超えた、ストップロスによってポジションを決済したなどの特定の条件下で保留中リクエストを使用して取引できるようにする機能を開発します。

トレードにおけるOLAPの適用(パート3):トレード戦略の開発の相場分析

この記事では、トレードに適用される OLAP テクノロジを引き続き取り扱います。 最初の 2 つの記事で紹介した機能を拡張します。 今回は、クオートの運用分析について検討します。シェイプセレクタ 集計されたヒストリーデータに基づいて、トレード戦略に関する仮説を打ち出し、テストします。 この記事では、バーパターンとアダプティブトレードを研究するためのEAを紹介します。

MetaTrader5でDirectXを使用して3Dグラフィックスを作成する方法

3D グラフィックスは、隠れたパターンの視覚化を可能にし、膨大な量のデータを分析するための優れた手段です。 今回のタスクは MQL5 で直接解決できますが、DireсtX 関数は 3 次元オブジェクトの作成が可能です。 したがって、MetaTrader5で3Dゲームをすることも、複雑なプログラムを作成することさえ可能です。 シンプルな 3 次元図形を描画して、3D グラフィックスをしましょう。

トレードシグナルの多通貨監視(パート1):アプリケーション構造の開発

この記事では、トレードシグナルのマルチカレンシーモニターを作成するアイデアを考察し、そのプロトタイプと共に未来のアプリケーション構造を開発し、運用のフレームワークを作成します。 この記事では、トレードシグナルの生成を可能にし、トレーダーが目的のシグナルを見つけるのを助ける柔軟な多通貨アプリケーションの段階的な作成を提示します。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第25部): 未決取引リクエスト - リクエストオブジェクトの管理

前の記事では、ライブラリオブジェクトの一般的な概念に対応する保留中リクエストオブジェクトのクラスを作成しました。今回は、保留中リクエストオブジェクトの管理を許可するクラスについてです。

連続ウォークフォワード最適化(パート3):ロボットをオートオプティマイザに適応させる

3番目であるこの記事は、前の 2 つの記事間のブリッジとして機能します。最初の記事で検討されている.dll との相互作用のメカニズムと、2 番目の記事で説明したレポートダウンロード用のオブジェクトについて説明します。 DLLからインポートし、トレードヒストリーを持つXMLファイルを形成するクラスのラッパ作成のプロセスを分析します。 このラッパとデータのやり取りするメソッドも検討します。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第24部): 未決取引リクエストの使用 - リクエストオブジェクトクラス

前の記事では、保留中取引リクエストの概念を確認しました。保留中リクエストは、実際には、特定の条件によって実行される一般的な取引注文です。本稿では、保留中リクエストオブジェクトの完全なクラス(基本リクエストオブジェクトとその子孫)を作成します。

パーセプトロンニューラルネットワーク

人工知能は、多くの場合、幻想的で複雑で理解できない何かに関連付けられます。 同時に、人工知能は日常生活の中でますます言及されています。 ニューラルネットワークの使用に関する成果に関するニュースは、多くのさまざまなメディアで取り上げられています。 この記事の目的は、誰でもニューラルネットワークを作成し、トレードでAIの成果をあげることを示すためにあります。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第28部): 指値取引リクエストの決済、削除、変更

これは、保留中リクエストの概念に関する3番目の記事です。ここでは、ポジションの決済、指値注文の削除、ポジションと指値注文パラメータの変更のためのメソッドを作成することにより、指値取引リクエストのテストを完了します。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第27部): 取引リクエストの使用 - 指値注文

この記事では、取引リクエストの開発を継続し、指値注文の発注を実装し、検出された取引クラス使用の欠点を排除します。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第24部): 未決取引リクエストの使用 - 初期実装(ポジションのオープン)

本稿では、注文の値にいくつかのデータを格納し、マジックナンバーを配置し、保留中リクエストの実装を開始します。概念を確認するために、サーバエラーを受信して、待機後に繰り返しリクエストを送信する必要がある際にマーケットポジションを開くための最初のテスト保留中リクエストを作成しましょう。

連続ウォークスルー最適化(パート2):ロボットの最適化レポート作成のメカニズム

ウォークスルー最適化シリーズの最初の記事では、自動オプティマイザで使用するDLLの作成について説明しました。 今回は完全にMQL5言語に専念します。

SQLite: MQL5 での SQL データベースのネイティブな処理

トレード戦略の開発には、大量のデータの処理が関連しています。 今では、MQL5 で直接 SQLite に基づいた SQL クエリを使用してデータベースを操作できるようになりました。 このエンジンの重要な特徴は、データベース全体がユーザーのPC上の単一のファイルに配置されるということです。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第25部): 取引サーバから返されたエラーの処理

サーバに取引注文を送信した後は、エラーコードやエラーがないことを確認する必要があります。本稿では、取引サーバによって返されるエラーの処理について考察し、未決取引リクエストを作成する準備をします。

Boxplotによる金融時系列のシーズンパターンの探索

この記事では、Boxplotを使用して価格時系列のシーズン特性を表示します。 各Boxplot(あるいは"ボックスアンドウイスキーダイアグラム") は、データセットに沿って値がどのように分布しているかを示す優れたものです。 Boxplotは、視覚的に似ていますが、ローソク足チャートと混同しないでください。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第24部): 基本取引クラス - 無効なパラメータの自動修正

本稿では、無効な取引注文パラメータのハンドラを一瞥して、取引イベントクラスを改善します。これによって、すべての取引イベント(単一のイベントと1ティック内で同時に発生したイベントの両方)がプログラムで正しく定義されるようになります。

連続歩行順最適化(パート1):最適化レポートの使用

最初の記事では、最適化レポートを操作するためのツールキットの作成、ターミナルからのインポート、取得したデータのフィルタリングとソートに関する説明を行います。 MetaTrader5では最適化結果のダウンロードが可能ですが、今回の目的は最適化レポートに独自のデータを追加することです。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第23部): 基本取引クラス - パラメータ有効性の検証

本稿では、取引クラスの不正な取引注文パラメータ値に対する制御と取引イベントの音声通知において開発を続けています。

ピボット平均オシレータの開発:累積移動平均の新規インジケータ

この記事では、MetaTraderプラットフォームのトレードインジケータとして累積移動平均(CMA)であるピボット平均オシレータ(PMO)を紹介します。 特に、データポイントとCMAの間の分数を計算する時系列の正規化インデックスとしてピボット平均(PM)を導入しました。 次に、2つのPMシグナルに適用される移動平均の差としてPMOを構築します。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第22部): 取引クラス - 基本取引クラス、制限の検証

この記事では、ライブラリベースの取引クラスの開発を開始し、最初のバージョンに取引操作を行うためのアクセス許可の初期検証を追加します。さらに、基本取引クラスの機能とコンテンツをわずかながら拡張します。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第21部): 取引クラス - 基本クロスプラットフォーム取引オブジェクト

この記事では、取引クラスを新しいライブラリセクションとして開発し始めます。さらに、MetaTrader 5およびMetaTrader 4プラットフォーム向けの統合基本取引オブジェクトの開発を検討します。サーバにリクエストを送信する場合、このような取引オブジェクトにより、検証済みの正しい取引リクエストパラメータがサーバに渡されます。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第10部): プログラムリソースの作成と格納

この記事では、プログラムのソースコードにデータを保存し、それらから音声ファイルとグラフィックファイルを作成する方法について説明します。アプリケーションを開発するとき、多くの場合、音声と画像が必要です。MQL言語には、このようなデータを使用するいくつかの方法があります。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第19部): ライブラリメッセージのクラス

本稿では、テキストメッセージを表示するクラスについて検討します。現在、異なるテキストメッセージが多数あるので、ロシア語または英語のメッセージを他の言語に保存、表示、翻訳する方法を再調整するときが来ました。さらに、新しい言語をライブラリに追加して言語をすばやく切り替える便利な方法を導入するのが望ましいでしょう。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第17部): ライブラリオブジェクトの相互作用

本稿では、すべてのライブラリオブジェクトの基本オブジェクトの開発を終了し、それに基づいたライブラリオブジェクトがユーザと対話できるようにします。たとえば、ユーザがスプレッドの最大許容サイズと価格レベルを設定してポジションを開き、条件に到達すると、スプレッドまたは価格レベルに基づいたシグナルを持つイベントが銘柄オブジェクトからプログラムに送信されます。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第16部): 銘柄コレクションイベント

本稿では、すべてのライブラリオブジェクトの新しい基本クラスを作成し、イベント機能をすべての子孫に追加します。また、この新しい基本クラスに基づいて、銘柄コレクションイベントを追跡するためのクラスを開発します。新しい基本オブジェクトの機能を開発するために、口座および口座イベントクラスは変更されます。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第15部): 銘柄オブジェクトのコレクション

本稿では、前の記事で開発した抽象銘柄オブジェクトに基づく銘柄コレクションの作成を検討します。抽象銘柄の子孫は、銘柄データを明確にし、プログラム内での基本的な銘柄オブジェクトプロパティの可用性を定義します。このような銘柄オブジェクトは、グループとの関係によって区別されます。

古典的な隠れたダイバージェンスを解釈する新しいアプローチ第2部

本稿では、さまざまな指標のレギュラーダイバージェンスと効率性について批判的に検討します。さらに、分析の精度を高めるためのフィルタリングオプションと、非標準ソリューション機能の説明が含まれています。 その結果、技術的なタスクを解決するための新しいツールを作成します。

最適化管理(パートII): キーオブジェクトとアドオンロジックの作成

本稿は、以前の最適化管理用のグラフィカルインターフェイスの作成に関する記事の続きです。本稿では、アドオンのロジックについて検討しています。MetaTrader

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第14部): 銘柄オブジェクト

本稿では、銘柄コレクションを作成するための基本オブジェクトとなる銘柄オブジェクトクラスを作成します。このクラスによって、さらなる分析と比較に必要な銘柄のデータを取得できるようになります。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第13部): 口座オブジェクトイベント

本稿では、自動取引に影響する口座プロパティの重要な変更を追跡するために、口座イベントの使用について検討しています。口座イベントを追跡するための機能のいくつかは、前の記事で口座オブジェクトコレクションを開発するときに既に実装しています。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第12部): 「口座」オブジェクトクラスと口座オブジェクトのコレクション

前の記事では、ライブラリでMQL4ポジション決済イベントを定義し、未使用の注文プロパティを取り除きました。本稿では、口座オブジェクトの作成を検討して口座オブジェクトのコレクションを開発し、口座イベントを追跡する機能を準備します。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第4部)MQL4との互換性 - ポジション決済イベント

MetaTrader 5およびMetaTrader 4プラットフォーム用のプログラムの開発を簡素化する大規模なクロスプラットフォームライブラリの開発を継続します。第10部では、MQL4とのライブラリの互換性に関する作業を再開し、ポジションを開くイベントと未決注文の発動イベントを定義しました。本稿では、ポジション決済イベントを定義し、未使用の注文プロパティを取り除きます。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第10部): MQL4との互換性 - ポジションオープンイベントと指値注文発動イベント

前の記事では、MetaTrader 5とMetaTrader 4プラットフォーム用のプログラムの開発を単純化するための大規模なクロスプラットフォームライブラリの作成を始めました。第9部では、MQL4を使用するためのライブラリクラスの改善を開始しました。ここでは、MQL4との完全な互換性を確保するために、ライブラリの改善を続けます。

最適化管理 (パート I): GUI の作成

この記事では、MetaTrader ターミナルの拡張機能を作成するプロセスについて説明します。 このソリューションは、他のターミナルで最適化を実行する際、最適化プロセスを自動化するのに役立ちます。 このトピックに関する記事をいくつか書きます。 拡張機能は C# 言語とデザイン パターンを使用して開発されました。優先プログラミング言語の機能です。

MetaTraderプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ(第9部): MQL4との互換性 - データの準備

前の記事では、MetaTrader 5とMetaTrader 4プラットフォーム用のプログラムの開発を単純化するための大規模なクロスプラットフォームライブラリの作成を始めました。第8部では、注文とポジションの変更イベントを追跡するためのクラスを実装しました。ここでは、MQL4と完全な互換性を備えさせることでライブラリを改善します。

直近のピップのプロフィットダウンを抽出

この記事では、アルゴリズムトレード分野における理論と実践を組み合わせる試みについて説明します。 トレーディングシステムの作成に関する考察のほとんどは、ヒストリーバーや適用される様々なインジケータの使用に関連します。 これは最もよくカバーされたフィールドであるため、詳細は考慮しません。 バーは人工的なエンティティを表します。したがって、プロトデータに近い何か、すなわち価格ティックで動作します。

微分とエントロピー解析によるGrokking市場の「記憶」

分数階微分は十分に広い範囲で使用されています。例えば、機械学習アルゴリズムには通常微分された級数が入力されます。 問題は、機械学習モデルが認識できるように、利用可能な履歴に従って新しいデータを表示する必要があることです。本稿では、時系列の微分に対する独自のアプローチを検討します。本稿にはさらに、この微分された級数に基づく自己最適化取引システムの例が含まれています。