無料でロボットをダウンロードする方法を見る

あなたのMetaTrader 5ターミナルからコードベースにアクセスしてください。

正しいコードが見つかりませんでしたか?フリーランスセクションでそれをオーダーしてください

エキスパートアドバイザーやインディケーターをどのように書くか

MetaTrader 5のためのMQL5ソースコードライブラリ - 47

これがMetaTrader 5プラットフォームプログラムのための最大の無料ソースコードライブラリです。ここであなたは既製のエキスパートアドバイザー、テクニカルインディケーター、スクリプトとライブラリを見つけることができます。MQL5言語を学び提供されたコードに基づいたあなた自身の自動トレーディングアプリケーションを開発するときにコードライブラリを使ってください。

あなたはパブリッシュされたコードを無料でダウンロードしテストすることができ、またMetaTrader 5の中でそれらを実行することもできます。ライブラリはMetaTrader 5プラットフォームとMetaEditor開発環境から直接使用することができます。

新しいコードを投稿するためには ログインしてください または 登録する
最新の|ベスト

ストキャスティックスのDSL(Discontinued Signal Line)バージョンは、シグナルに対して古典的な方法で移動平均を使用するのではなく、ストキャスティクスの値に応じてシグナルラインを計算します。よって、シグナルライン及び買われ過ぎ/売られ過ぎの見積もりに使用できる一種のレベルの2つがあります。

ウィリアムパーセントレンジ(Williams' Percent Range、%R)のDSLバージョンは、売られ過ぎ/買われ過ぎに固定レベルを使用せず、それらのレベルを識別するために一種の動的計算(シグナルラインの中断)をします。そのため、市場の変化や不安定な市場に対応しやすくなります。

後1つのJohn Ehlersの作品です。非線形カルマンフィルタです。

これはIgor Durkinが最初に開発したKalmanバンドを変換したものです。値はMetaTrader 4版と同じですが、MetaTrader 4にはない機能を使って指標を使いやすくなっている点は違います。

MACD計算にEMA(指数移動平均)を使用する代わりに、TEMA(三重指数移動平均)を使用し、DSL(Discontinued Signal Lines)を持ち、1つのシグナルラインの代わりに2つを用いる、長く知られている有用なMACD指標のバリエーションです。

MACD計算にEMA(指数移動平均)を使用する代わりに、DEMA(二重指数移動平均)を使用し、DSL(Discontinued Signal Lines)を持ち、1つのシグナルラインの代わりに2つを用いる、長く知られている有用なMACD指標のバリエーションです。このようにして、シグナルラインだけでなくレベルも導入され、テストから判断すると、偽シグナルを避ける方が優れていて(短期間)反転検出にも使用できるようです。

ストキャスティクスとRVI(相対的活力指数)指標は、両方、市場の動きの買われ過ぎ/売られ過ぎ領域を測定します。この指標は、それらを単一の指標(相対的な活力指数のストキャスティクス)に組み合わせます。

逆フィッシャートランスフォームは、買われ過ぎ/売られすぎ市場条件の評価に役立つ望ましい範囲(この場合は-1〜1)の値を正規化します。

この指標ではフィッシャートランスフォームがRVIに追加されています。フィッシャートランスフォームは、価格を正規化することによってトレーダーがほぼガウス確率密度関数を作成することを可能にします。本質的に、この変換によってピークスイングは比較的まれな出来事となり、チャート上の価格反転が明白に特定されます。このテクニカル指標は、トレーダーがラグする指標ではなく非常にタイムリーなシグナルを探している場合によく使用されます。

通常、ほとんどの証券会社はMetaTrader 4で3ヶ月以上のM1データを提供しませんが、MT5で3年間にわたるM1データを提供します。そこで、このツールを使用してMetaTrader 5テスターでM1データを取得し、データをMetaTrader 4バックテスト用の.hstファイルに保存します。

このバージョンのストキャスティクスでは、4つの基本タイプの平均値を使用できます(デフォルトはSMAですが、EMA、SMMA、LWMAも使用できます)。 SMMAはかなり「低速」ですが、この方法ではシグナルの「スピード」を微調整することができます。

このバージョンでは、ストキャスティックモメンタム指数と同じ方法で計算を行っていますが、EMA(Exponential Moving Average)を計算に使用するのではなく、T3を使用しています。これにより、ラグを加えることなくより滑らかな結果が得られます。

ストキャスティックモメンタム指数(Stochastic Momentum Index、SMI)はWilliam Blauによって開発され、1993年1月号ののTechnical Analysis of Stocks & Commodities(株式&コモディティのテクニカル分析)掲載されました。それは、人気のあるストキャスティクスに興味深いねじれを組み込んでいます。ストキャスティクスは最近のx期間の高/低の範囲を基準にした現在の距離を示す値を提供しますが、SMIは最近のx期間の高/低の範囲の中点を表します。

Efficiency Ratio (ER) は、Perry Kaufmanによって1995年の著書「Smarter Trading」で最初に発表されました。これは、一定期間にわたる価格変動を、変動を達成するために発生した価格変動の絶対和で除算して計算されます。結果として生じる比率は0と1の間の範囲であり、より高い値はより効率的またはトレンドのある市場を表します。

移動平均に基づく期間220の取引と220の異なる高さの3つのエンベロープです。ポジショントレール

MACD TEMAはMACD DEMAよりもさらに高速で、パラメータに応じて、スカルピングモード(短い計算時間)またはトレンドモード(より長い時間が使用される場合)になります。MACDは主にモメンタム指標であり、それがMACDの主な目標であることを決して忘れないでください。

計算のためにDEMAを使用しているMACDです。

口座残高と最後の取引の結果に基づく取引システムです。

ポジションのストップロスとテイクプロフィットをシンプルに追跡します。

市場の動き、気分、トレンドの変化を示すオシレーターです。

人気のある30種類のローソク足パターンのセットです。

この指標は、ゼロラインからのヒストグラムの形で別のウィンドウにローソク足を描画します。

高値と安値に基づく移動平均です。

この指標は発散を検索し、カスタムMACD指標のシグナルラインのチャートに表示します。

TTM(Trade The Markets)トレンドは基本的に燭台を見るのが簡単です。これは平均足法です。文字通り翻訳すると、Heikinは「平均」または「平衡」であり、Ashiは「足」または「棒」を意味します。 TTMのトレンドは、通常のローソク足のチャートからの不規則さを排除し、トレンドおよび保合をより良く視覚化する技術です。

この指標は発散を検索し、カスタムMACD指標のチャートに表示します。

幾何平均移動平均は幾何平均法で計算された単純な移動平均です。

単一のウィンドウでのRSI+CCIです。

色付きのボリンジャーバンド

このEAは、iADX(平均指向性移動指数、ADX)とiSAR(パラボリックSAR)指標のシグナルを使用して取引します。最後に決済されるポジションの損益が考慮されます。ポジションは損益分岐点に移動されます。

この指標は発散を検索し、カスタムAO指標のチャートに表示します。

基準線は、一目均衡表の主要指標線であり、「一目雲」とも呼ばれます。これは、一般的に、中期的なモメンタム指標として使用されます。

2つの iMA(移動平均)とiMACD(移動平均収束/発散、MACD)の3つの指標に基づく取引システムです。

コモディティチャネルインデックス(CCI)は、新しいトレンドや極限状態の警告を識別するための多彩な指標です。CCI はもともと、商品の循環転回を識別するためにDonald Lambertによって開発されましたが、この指標はインデックス、ETF、株式、およびその他の証券にうまく適用することができます。

iSAR(パラボリックSAR)とiRSI(相対力指数、RSI)の2つの指標に基づく取引システムです。ロットは余剰証拠金の割合としてのリスク値に基づいて計算されます。

このエキスパートアドバイザーは、買いストップ注文と売りストップ注文を使ってニュースや大規模な価格動向を取引します。

特定の時間間隔の後にランダムにポジションを開きます。

この非取引エキスパートアドバイザーは、ポジションの利食い注文簡単なトレールのために設計されています。

Deviation Stops (DevStops)指標の変種です。このバージョンは一部の人に誤ってKase DevStopsと呼ばれています(それはそうではありません - Kase DevStops指標は全く異なる方法で計算されます)が、このバージョンも良い点があり、定期的な支持/抵抗モードで使用できます。さらに、DevStopの各値は、線の傾き(トレンド)に応じて色付けされます。すべてが同じ方向であるる場合、トレンド変化の確認として扱うことができます。

Kase DevStops. つまりこれは、ストップを設定するシステムを構築するときに、分散とスキューを考慮する必要があるということです。ストップを設定する際の不確かさの閾値をよりよく定義し、最小限に抑えるために、次の3つのステップを実行できます。範囲の分散または標準偏差の考慮2. スキューの考慮、またはより単純に、トレンドの反対方向に範囲が広がる可能性のある量の考慮3. よりよい一貫性のためのデータの改革(このステップは第81章で詳細に検討されており、できるだけ不確実性の程度を最小限に抑えています)。

1...404142434445464748495051525354...157