無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ライブラリ

IncBullsBearsOnArray - MetaTrader 5のためのライブラリ

Dmitry Fedoseev | Japanese English Русский 中文 Español Deutsch Português

ビュー:
245
レーティング:
投票: 18
パブリッシュされた:
2016.06.03 11:38
アップデートされた:
2016.11.22 07:34
\MQL5\Include\IncOnArray\\MQL5\Indicators\

CBullsBearsOnArrayクラスは指標バッファでのブルパワーベアパワー値の計算のために設計されています。

使用法:

Init()メソッドは次のパラメータを使ってOnInit()関数で呼び出されます。

  • int aPeriod - 指標期間
  • ENUM_MA_METHOD aMethod - 平滑化手法

Solve()メソッドは次のパラメータを使ってOnCalculate()関数で呼び出されます。

  • const int aRatesTotal- OnCalculate() 関数パラメータのrates_total変数
  • const int aPrevCalc - OnCalculate() 関数パラメータのprev_calculated変数
  • double aDataHigh[] - 指標計算に使われる高値のデータバッファ
  • double aDataLow[] - 指標計算に使われる安値のデータバッファ
  • double aDataClose[] - 指標計算に使われる終値のデータバッファ
  • double & aMA[] - MA計算の中間バッフア
  • double & aBulls[] - ブルパワーの計算値
  • double & aBears[] - ベアパワーの計算値

追加メソッド:

  • int BarsRequired() - 計算に必要なバーの最小数を返します
  • string BuName() - ブルパワー指標名の文字列を返します。
  • string BeName() - ベアパワー指標名の文字列を返します。

Test_BullsBearsOnArray.mq5はCBullsBearsOnArrayクラスを使用する指標の例です。IncBullsBearsOnArrayファイルは端末データフォルダの MQL5\Include\IncOnArray (IncOnArrayフォルダは作成される必要があります)に位置しなければなりません。IncMAOnArrayファイルのCMAOnArrayクラスは適切な作動に必要です。ここです。

ブルパワーとベアーパワーのバランスの変化は可能なトレンド反転について最初に合図するので、バランスを推定できることは非常に重要です。このタスクはAlexander Elderによって開発されて著作のTrading for a Living(トレードでの生計の立て方)で説明されたブルパワーベアーパワーオシレータを使って解決できます。

CBullsBearsOnArrayクラスの使用例

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/646

GetFontName GetFontName

指標入力パラメータのより便利なフォント選択表示のための関数モジュール。指標ユーザーを、フォント名変更のために手動でコードを変更する必要から解放します。

ReverseSymbol ReverseSymbol

この指標は実時間と逆ミラー(1/ X)取引ツールとの作業を可能にします。

SpreadInfo SpreadInfo

SpreadInfoは、現在のスプレッド、その平均値とその比率をチャートのコーナーの一つで表示します。

IncWPROnArray IncWPROnArray

CWPROnArrayクラスは指標バッファでのWilliams' Percent Range(%R)の計算のために設計されています。クラスの使用例は提供されています。