無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ビュー:
197
レーティング:
投票: 13
パブリッシュされた:
2018.08.03 12:23
\MQL5\Include\\MQL5\Indicators\

トレンドの次のトレードシステム Exp_Sinewave2_X2 は、2つのインジケーターSinewave2のシグナルに基づいている最初のインジケーターは、メインとシグナル線のポジションに基づいて、遅いトレンドの方向を決定します。 2番目のインジケーターは、ラインがクロスしたり、互いに接触したときに、トレードを開く決定します。 次の2つの条件が満たされている場合は、足の確定でエントリーシグナルが生成されます。

  1. 速いトレンド、遅いトレンドシグナルが一致;
  2. 速いトレンドは、その方向を変えた。


EA インプット

//+-------------------------------------------------+
//|EA インジケーターのインプットパラメータ              |
//+-------------------------------------------------+
input string Trade="Trade management";    //= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
input double MM=0.1;               //取引の資産のシェア
input MarginMode MMMode=LOT;       //ロット値決定メソッド
input uint    StopLoss_=1000;      //ストップロス(ポイント単位)
input uint    TakeProfit_=2000;    //テイクプロフィット
input string MustTrade="Trade permissions";    //= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
input int    Deviation_=10;       //最大。 ポイントの価格偏差
input bool   BuyPosOpen=true;     //ロングポジションをエントリーする権限
input bool   SellPosOpen=true;    //ショートポジションをエントリーする権限
//+-------------------------------------------------+
//|フィルタインジケータのインプットパラメータ            |
//+-------------------------------------------------+
input string Filter="SLOW TREND PARAMETERS";    //+ = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
input ENUM_TIMEFRAMES TimeFrame=PERIOD_H6;  //1トレンドの図表の期間
input uint Length=10;                       //インジケーター平滑率
input uint SignalBar=1;                     //エントリーシグナルを受信する足番号
input bool   BuyPosClose=true;              //トレンドによってロングポジションを決済する権限
input bool   SellPosClose=true;             //トレンドによってショートポジションを決済する権限
//+-------------------------------------------------+
//|エントリー・インジケーターのインプットパラメータ       |
//+-------------------------------------------------+
input string Input="ENTRY PARAMETERS";       //+ = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
input ENUM_TIMEFRAMES TimeFrame_=PERIOD_M30;  //2記入項目の図表の期間
input uint Length_=10;                       //インジケーター期間
input uint SignalBar_=1;                     //エントリーシグナルを受信する足番号
input bool   BuyPosClose_=false;             //シグナルによってロングポジションを決済する許可
input bool   SellPosClose_=false;            //シグナルによってショートポジションを決済する許可
//+-------------------------------------------------+

インプットパラメータのコード内のテキストを含む文字列変数は、EA のインプットパラメータウィンドウをよりよく視覚化するためにのみ使用されます。

EA のインジケーターSinewave2_Cloud_HTFは、ストラテジーテスタのトレンドをより便利に視覚化するためのものであり、他の操作モードでは非アクティブです。

生成された EA が正しく動作するためには、 CyclePeriod.ex5Sinewave2.ex5、および Sinewave2_Cloud_HTF.ex5コンパイル済みファイルが<terminal_data_directory>\MQL5\Indicatorsフォルダになければなりません。

TradeAlgorithms.mqh ライブラリファイルは、ゼロ以外のスプレッドで、ポジションのオープン時にストップロスとテイクプロフィットを指定できるブローカーで利用できます。 このライブラリの他のバージョンは、トレードアルゴリズムでダウンロードできます。

このEA のデフォルトのインプットパラメータは、以下のテストで使用されていました。 ストップロス、テイクプロフィットは、このテストで使用されませんでした。

図1. チャート上の例のトレード

2016年の GBPUSD のテスト結果、H8 の遅いトレンド、および M30 の速いトレンド:

図2. テスト結果のチャート

図2. テスト結果のチャート

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/20953

SilverTrend_x10 SilverTrend_x10

インジケーター SilverTrend_x10 は、インジケーターインプットパラメータで定義されている足から、10種類のタイムフレームで SilverTrend インジケーターロウソク足の色を示します。

MultiSilverTrend_x10 MultiSilverTrend_x10

インジケーター MultiSilverTrend_x10 は、10の異なるタイムフレームからインジケーター SilverTrend の色を使用して、現在のトレンドに関する情報を示しています。

Hangseng Trader Hangseng Trader

オブジェクトフィボナッチライン (OBJ_FIBO) とインジケーターレジスタンスとサポートに基づくトレーディングシステム

エリア MACD エリア MACD

インジケーター MACD への異例のアプローチ: EA はゼロラインの上と下に表示されるインジケーターの領域を計算します。