無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ビュー:
441
レーティング:
投票: 48
パブリッシュされた:
2016.09.29 11:13
アップデートされた:
2016.11.22 07:34

スクリプトとエキスパートアドバイザーのコードで使用するために設計されたブローカ向きの取引関数ライブラリ

このライブラリに基づいて描画されたエキスパートアドバイザーについては「 Simple Trading Systems Using Semaphore Indicators(セマフォインジケータを使用した単純なトレーディングシステム)」稿に記載されています。

このライブラリを使用する多数のエキスパートアドバイザーは コードベースに置かれているので、そのプログラムコードの4種類を実行して、金融市場でMetaTrader 5クライアント端末を利用した取引を提供している任意のブローカーとエキスパートアドバイザーを使用することに決めました。

  1. ノンゼロスプレッドを提供しポジションが開くと同時に決済逆指値及び決済指値を設定するブローカ
  2. ゼロスプレッドを提供しポジションが開くと同時に決済逆指値及び決済指値を設定するブローカ
  3. ノンゼロスプレッドを提供しポジションが開いた後で決済逆指値及び決済指値を設定するブローカ
  4. ゼロスプレッドを提供しポジションが開いた後で決済逆指値及び決済指値を設定するブローカ

アーカイブ内のファイルはすべて独自にTradeAlgorithms.mqhと呼ばれています。このライブラリを使うコードベースでのエキスパートアドバイザーでは、クライアント端末の terminal_data_folder\MQL5\Include\ TradeAlgorithms.mqhファイルのみが使用可能です。

ライブラリファイルが移動された後、それを使用するエキスパートアドバイザーはすべてコンパイルされる必要があります。これにはMetaEditorを再起動し、ナビゲータウィンドウを開き、MQL5ラベルに右クリックしてポップアップメニューで「コンパイル」を選びます。

関数

ライブラリは、以下の主要な取引関数を含みます。

bool BuyPositionOpen
(
    bool &BUY_Signal,          // 取引許可フラグ
    const string symbol,       // 取引のペア
    const datetime &TimeLevel, //  現在の約定後、次の約定が実行されるまでの時間
    double Money_Management,   // MM
    int Margin_Mode,           // ロット値の計算法
    uint deviation,            // スリッページ
    int StopLoss,              // ポイントでの決済逆指値
    int Takeprofit             // ポイントでの決済指値
);

bool SellPositionOpen
(
    bool &SELL_Signal,         // 取引許可フラグ
    const string symbol,       // 取引のペア
    const datetime &TimeLevel, // 現在の約定後、次の約定が実行されるまでの時間
    double Money_Management,   // MM
    int Margin_Mode,           // ロット値の計算法
    uint deviation,            // スリッページ
    int StopLoss,              // ポイントでの決済逆指値
    int Takeprofit             // ポイントでの決済指値
);

bool BuyPositionOpen
(
    bool &BUY_Signal,          // 取引許可フラグ
    const string symbol,       // 取引のペア
    const datetime &TimeLevel, //  現在の約定後、次の約定が実行されるまでの時間
    double Money_Management,   // MM
    int Margin_Mode,           // ロット値の計算法
    uint deviation,            // スリッページ
    double dStopLoss,          // 価格チャート単位での決済逆指値
    double dTakeprofit         // 価格チャート単位での決済指値
);

bool SellPositionOpen
(
    bool &SELL_Signal,         // 取引許可フラグ
    const string symbol,       // 取引のペア
    const datetime &TimeLevel, //  現在の約定後、次の約定が実行されるまでの時間
    double Money_Management,   // MM
    int Margin_Mode,           // ロット値の計算法
    uint deviation,            // スリッページ
    double dStopLoss,          // 価格チャート単位での決済逆指値
    double dTakeprofit         // 価格チャート単位での決済指値
);

bool BuyPositionClose
(
    bool &Signal,        // 取引許可フラグ
    const string symbol, // 取引のペア
    uint deviation       // スリッページ
);

bool SellPositionClose
(
    bool &Signal,        // 取引許可フラグ
    const string symbol, // 取引のペア
    uint deviation       // スリッページ
);

bool BuyPositionModify
(
    bool &Modify_Signal, // 変更許可フラグ
    const string symbol, // 取引のペア
    uint deviation,      // スリッページ
    int StopLoss,        // ポイントでの決済逆指値
    int Takeprofit       // ポイントでの決済指値
);

bool SellPositionModify
(
    bool &Modify_Signal, // 変更許可フラグ
    const string symbol, // 取引のペア
    uint deviation,      // スリッページ
    int StopLoss,        // ポイントでの決済逆指値
    int Takeprofit       // ポイントでの決済指値
);

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/1578

Float Float

トレンドの初めと終わりを表示する指標

第3世代移動平均 第3世代移動平均

移動平均期間の増加に基づいて時間的な遅れを減少させる非常に簡単な手順を使用する移動平均。

TrendСontinuation TrendСontinuation

この指標は、動向とその方向を決定するために作成されます。

ColorJCCX ColorJCCX

Smoother Commodity Chanel Index(より滑らかなコモディティ チャネル指数)