無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

スクリプト

LeadLagRelationshipTester - MetaTrader 5のためのスクリプト

Ilnur Khasanov | Japanese English Русский 中文 Español Deutsch Português

ビュー:
127
レーティング:
投票: 25
パブリッシュされた:
2018.05.11 09:35

LeadLagRelationship指標確認スクリプトで、クオーツを遅れて送信します。

確認方法: スクリプトと指標を同じ商品で共通の通信チャネルで実行します。スクリプトで遅延パラメータを設定します。十分なデータを蓄積した後、指標はスクリプトで指定された遅延を表示する必要があります。


スクリプトのパラメータ

  • inpTimerPeriod - ミリ秒単位のメインタイマー期間
  • inpUseMode - チャネルのモード: 0 - ファイル、2 - ターミナルのグローバル変数チャネルモードは、クオーツを配信する方法です。「ファイル」法は外部ソースからのクオーツの配信に役立ち、グローバル変数は合成商品の確認に便利です。
  • inpFilename - クオーツを受信するためのファイル名(.csv拡張子が必要で \Terminal\Common\Files に格納)ファイルを使用するクオーツの配信方法が選択されている場合は、このパラメータにファイル名を入力します。
  • inpGlobalVariableAsk - グローバル変数を使用したクオーツ配信方法が選択されている場合の、売り気配値のグローバル変数の名前
  • inpGlobalVariableBid - グローバル変数を使用したクオーツ配信方法が選択されている場合の、買い気配値のグローバル変数の名前
  • inpSetLag - ミリ秒単位の遅延(クオーツ送信の遅延)

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/19337

UmnickTrader UmnickTrader

適応UmnickTradeエキスパートアドバイザーをMQL5用に実装したものです。

カオスゾーン カオスゾーン

カオスゾーン指標は、2つのビルウィリアムズ指標(Accelerator OscillatorとAwesome Oscillator)の組み合わせです。

MACDSimpleReshetov MACDSimpleReshetov

MACDシグナルを取引するエキスパートアドバイザーです。CFDや先物取引の取引を好む人のために。

IEEE浮動小数点デコーダ IEEE浮動小数点デコーダ

浮動小数点(つまりfloatとdouble)の実際の格納された値を、十数桁までの高精度で表示します。これは、他のMQL5プログラムの浮動小数点数の正確な値をデバッグするのに役立ちます。