ブレント原油は米国の埋蔵量データに3%以上安

ブレント原油は米国の埋蔵量データに3%以上安

13 11月 2015, 08:25
Yamaguchi Katashi
0
67

米国の商業石油備蓄のデータが商品市場にマイナスの影響を持っていた、予想以上に悪した。 22.30 MSKの時点で北海ブレントブレンド1月先物の価格はバレル当たり45.19ドルまで3.05%に落ちた。
木曜日の石油価格は負の傾向を示し、ブレント原油はオークションによると、米国の商業株式の予想データよりも悪化した上で3%安い。

22.35 MSKの時点で北海ブレントブレンド1月先物の価格は2.96%に減少した。 バレル当たり45.24ドルまで、それはバレル当たり45.16ドルに、3%以上下落した前。光WTI原油12月先物の価格がバレル当たり41.78ドルに2.68%の減少となったた。

以前のマークブレントの北海石油ミックス12月先物の取引価格の827日に初めてバレル当たり45ドルの心理的なマークを下回った。

エネルギー情報局米国エネルギー省の週刊レビューによると、116日に終了した一週間に、国の商業石油備蓄(戦略的な準備金を除く)は、420万バレルに上がり、4.87億バレルまで増加した。アナリストはインデックスが1,016万バレルに上がり、48381,6万バレル増加すると予想していた。

同省によると、最大9185000バレル- 米国の石油生産先週は一日あたり25000バレル上がった。クッシングで最大のターミナルでの国の石油埋蔵量は230万上がりし、5540万バレルまで増加した。

米国のガソリン在庫は210万バレル減少し、一日あたり2.13億バレルに達した。アナリストは、0807000の減少を予想していた。 1.411億バレルまで -留出株が、対照的に0.4万バレル増加した。アナリストは、図は0931000バレル削減されると予測した。


それを友達とシェアしてください: