富士重:中期経営目標引き上げへ、米国好調-来年5月ビジョン見直し

富士重:中期経営目標引き上げへ、米国好調-来年5月ビジョン見直し

17 11月 2015, 09:05
Kadze
0
77

富士重工業株式会社は、来年月に見通しへの2020年の中期経営ビジョンを検討する。そして同時に、北米の売上目標を引き上げる2006年までの3年間の新たな収益目標を示している。

16日のインタビューで、富士重工業の吉永泰之社長は、514日に提示された経営ビジョンの環境を変更すること触れることを、「正しく月に来年の考えを示したいと思います」と述べた。当初は超えると予想するため、最大20年に60万台の販売を北米で計画されていたが有意すでに今年度計画で624000単位を想定した。

吉永社長は来年度の北米販売で70万台を達成するとみており、これにあわせて20年までの販売目標も引き上げる。米国の年産能力は16年末に約40万台へ増強するが、その後の能力増強については現在の日米の能力で対応できるとして否定的な考えを示した。

富士重ブランド「スバル」の米国販売は好調が続いている。米調査会社オートデータによると、10月の自動車販売奨励金が業界平均で3108ドル(約38万円)に対し、スバルは695ドル(約8万5000円)と欧米メーカーを含めて最低水準。また、11月1日付のディーラー在庫は業界平均の69日に対し、スバルは18日と在庫の薄い状態が続いている。

調査会社カノラマ・ジャパンの宮尾健アナリストは、スバルが米国市場で信頼できるブランドとしての地位を確立したと指摘。スバルブームは一時的でなく、販売好調が今後も続くとみている。

一方、中国市場については「極端な乱売合戦」に巻き込まれるのを避けるため、当面は台数を追わない方針を示した。20年の目標では12万台強を目指すとしてきたが、来年5月の見直しではこれを引き下げることも検討している。

「スバル」の富士重工業ブランド米国での売上高は続いている。米調査会社オートデータによると、10月の自動車販売奨励金が業界平均で3108ドル(約38万円)に対し、スバルは695ドル(約8万5000円)と欧米メーカーを含めて最低水準。また、111日付けの業界平均の69日間ディーラーの在庫に関しては、スバルは株式と18日の薄い状態が続いている。

調査会社カノラマ・ジャパンの宮尾健アナリストは、スバルが米国市場で信頼できるブランドとしての地位を確立したと指摘。スバルブームは一時的でなく、販売好調が今後も続くとみている。

数を追わないの一方、順序で中国市場向け「極端な乱売合」に巻き込まれるのを避けるため、時間であること、方針を示した。 20年の目標12万強くすることを目指してきましたが、それはまた、月に来年の見直しでこれを低減するために検討している。

利益目標を提示

中期経営ビジョンの見直しでは18年度まで3年間の収益計画も提示する。過去最高益となる見込み。16年度まで3年間の営業利益目標は1兆円としていたが、今年度営業利益は5500億円の見込みで、今年度の数値で3年間の営業利益を単純計算すると約1兆6000億円となる。吉永社長は1兆6000億円の数値目標については「そこまではいかない」と述べた。為替の状況を注視するほか、今年度計画で1300億円の設備投資や990億円の試験研究費のレベルは維持したいと語った。外国為替相場の状況を見ていることに加えて、1300億円の設備投資と試験研究費の99億円を今年計画のレベルは、それが維持したいと述べた。

そして、経営リスクの将来の外国為替の動向を引用し、それがビジネスプラン作っていると述べ、「外貨のプラスの価値を差し引いた形式」今年の営業利益計画では為替差損益の差異106億円のプラスと見られている。米国の利上げの影響、および物事他の企業と比べて、低い販売奨励金を推移している。それは現時点では供給不足で商品の状態であることなどのために、それは「インパクトでその図を示していますスバルの販売は大きくありません」という見方を示した。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン会長は、12月に利上げの可能性があると述べていた。


それを友達とシェアしてください: