ドルが123円割れ、株上値重く円買い優勢-午後は中国指標次第の声

ドルが123円割れ、株上値重く円買い優勢-午後は中国指標次第の声

11 11月 2015, 07:12
Yamaguchi Katashi
0
72

東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=123円台を割り込んでいる。日本株の上方の重い展開に応じて、年金利上げの米国を背景に、ドルの上昇、ドル売り、円買いに線量感の広がりが支配的となっている。

ドル11日午前1110現在のレート12282銭前後で。 10日は、それが東京市場、1の初めからドル売り、円買いにプッシュされる展開となり、海外市場での主要な米国の経済指標の発表などはそのような存在しないで、それは123円台前半でもみ合っていたが、東京市場に入ってからはドル売り・円買いに押される展開となり、一時3営業日ぶりの水準となる12279銭まで値を切り下げている。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの為替村田雅志通貨ストラテジストの一部が、ドルはよく、米国の雇用統計は、上昇強く来月の利上げ開始観測をサポートした後であっても出ていない指標していた、また11USITは指摘国債市場ドル買い材料にはほとんどありませんことは休日とアウトだ。 「今日は日本株もやや停滞しているので、朝は上に移動する可能性があるとダウン123円を横断。午後には、それは中国のインデックスを見てからの移動になるだろう」と言う。

ユーロドルの相場は€1 = $ 1.0675に海外市場の前日下落し、先週の端部に取り付けられた423日以来のユーロ安値を更新。この日の東京市場は$ 1.0755に値を返すことであるに続いて、幅を小さくする低下。

ユーロ・円相場も前日の海外時間に一時1ユーロ=13163銭までユーロ売りが進み、先週末に付けた4月末以来の安値(13151銭)に接近。東京市場は132円レベルを回復した上であるが、足は、展開は約132円でやや弱含みとなっている。

この日、中国の小売売上高の10月、工業生産で、固定資産投資が発表される。 10月の消費者物価指数は10日(CPI)の伸びが鈍化している発表された、生産者物価指数(PPI)は、3年と行の8ヶ月連続の低下となった。

山室氏博之上田ハーロー市場企画部が、問題は、中国の経済指標が実際の状況を反映しているかどうかについてのまま、ほとんど「傾向」がある大規模な軟化を示さなかったことから、負の驚きの可能性が低いことが指摘。しかし、足元の株式市場は世界不安定であることを考えると、それはそれを不思議ではない」、月の最初の比較的安定したある日本株への調整があっても大きな上昇私は必要性を見てきました警戒たら。」

上田ハーローマーケット企画部の山室宏之氏は、中国の経済指標が実態を反映しているかどうかについては疑問が残るが、大きな軟化を示し難い「傾向」があることから、ネガティブサプライズの可能性は低いと指摘。ただし、足元の株式市場が世界的に不安定であることを鑑みると、月初の大型上昇もあり相対的に堅調に推移している日本株に「調整が入ることは不思議ではなく、一応の警戒は必要」とみている。

11日の東京株式相場はTOPIX、日経平均株価がともに下落して始まった後、プラスに転じたが、日経平均は再びマイナス圏に沈むなどもみ合う展開となっている。前日の米株式相場はS&P500種株価指数が5営業日ぶりに小幅反発した一方、ナスダック総合指数が下落した。

三井住友銀行市場営業部NYトレーディンググループの柳谷政人グループ長(ニューヨーク在勤)は、米国に関しては「大きくトレンドが変わってしまうような指標が出てこない限りは、恐らくこのまま利上げに向かうのだろうとマーケットは考えている」とした上で、「ワイルドカードとして気を付けなければいけないのは株の動き」と指摘。株が大きく下がれば、利上げとドル買いのシナリオが大きく崩れてしまうリスクがあり、逆に株が崩れない限りは、12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)まで、対ユーロや対円でのドル買いは続くとみている。

それを友達とシェアしてください: