中国の石油輸入は驚きとして原油価格が近い7年ぶりの安値から上昇へ

中国の石油輸入は驚きとして原油価格が近い7年ぶりの安値から上昇へ

8 12月 2015, 13:48
Yamaguchi Katashi
0
162

中国は景気低迷にもかかわらず、強力な商品の輸入を報告したように原油価格は火曜日にほぼ7年ぶりの安値から離れた縁取られたが、全体的な市場は、出力をハイレベルに維持する石油輸出国機構(OPEC)の決定によって悪化グローバル供給過剰に低調に推移。

ベンチマークブレントとWTI先物は、両方との62015年の安値に到達するために、以前のセッションに落ちた、最後の2008/2009の信用収縮の間に見られるレベルに迫っている。2008/2009安値を突破万一、次の下向きのターゲットは2000年代初頭以来見られないレベルになる。

国際的に取引ブレント先物はGMT0805で最大31セント、バレルあたり41.04ドルだった。米国の原油は、その最後の決済から17セントあがり、バレルあたり37.82ドルで売買し、前のセッションの2015年と7年ぶりの安値に近かった。

「過去最高水準の油生産量を維持するためのOPECメンバーによる決定は過去最高レベルでの石油生産量を維持するためのOPECメンバーによる決定は、組織が効果的に生産を制限し、カルテルとして機能し、ショートに原油価格の詳細下押し圧力につながるの長期的な戦略を放棄していることを示唆したとサンジフ、グローバル・インベストメンツの最高投資責任者は述べている。

「弱い商品価格は、いくつかの日和見買いを誘発していることは間違いない。これは、商品市場のために穏やかに支えである必要があり」とANZ銀行は語った。

「しかし、それは与えられたOPEC諸国は今のできるだけ多くをポンプするために続けることを加えた」コンサルティングエネルギー側面は述べている。

需要側では、安価な石油のための中国の食欲は、政府が戦略的な準備金を構築するために見えるように価格をサポートするために貢献した。

年の最初の11ヶ月間の中国の原油輸入は火曜日にリリース予備税関データによると、その11月の原油輸入は前年同月から7.6%に増加し、一日あたり8.7%上がり、661万バレルに上昇した。

中国の11月新車販売も同期間に17.6%上昇した。

過去最低に近い原油価格では、中国は戦略的石油備蓄(SPR)にいくつかの7千万から9千万バレルを追加し、2016年に戦略的な原油の購入を倍増する可能性が高いと見られている。

粗製の輸入が増加していると同時に、予備通関数値は、洗練された製品の中国の輸出は、最大68%前年比、114.1万トンに急増示す。今月末にリリースされ、最終的な数字は、データを確認すると、それは、国からの燃料の記録の輸出を意味する。

中国は、その(独立した)「急須」製油所の拡張をサポートする原油のより多くの輸入を許可し続けると、このパターン、および高い製品の輸出が続くことを期待するとANZは語った。

それを友達とシェアしてください: