ロシアの元米国大使は、人生の中でロシアでの仕事が一番良かったと述べる

ロシアの元米国大使は、人生の中でロシアでの仕事が一番良かったと述べる

26 10月 2015, 07:38
Kadze
0
44

ロシアの元米国大使はマイケルマクフォールは勤務中にモスクワで過ごした2年間について自分の意見を表明した。 Twitterで彼のマイクロブログで仕事を気に入っていることを書いた。

「ロシア連邦で大使として勤務が好きだった!「人生の中で一番良い仕事だった と述べた

マイケルマクフォールは、20121月から20142月までロシアにて米国大使でした。引退する決定はカリフォルニアの家族に戻るためだった。

マクフォール大使の経歴の中に一番失敗だったのは、ロシアと米国は2011年にシリアの紛争の先頭に「リーダーシップ」を見せることができなかったことだ。その他、遺憾の意を表明していたのは、「米国がロシアで革命を起こし、それを不安定にしたいという神話を破壊することが実現できななったことだ。

マクフォールは当時ヒラリー・クリントン長官と一緒にワシントンとモスクワとの関係を再起動する人の中に一人だった。当時、米国とロシアは戦略攻撃兵器の制限に関する新たな条約を締結し、観光客やビジネスマンのためのビザ制度を簡素化する。同時にロシアがWTOに加入した。

マクフォールはキャリア外交官ではなく、政治学に従事し、博士号を持っており、スタンフォード大学で教授として活躍している。ロシア大使に就任する前に、米国のバラク・オバマ大統領の国家安全保障に特別アシスタントを務めていた。 20143月にマクフォールNBCチャンネルのアナリストになると報告された。国際関係や国家安全保障上の問題の報道に特化する。

 

 

それを友達とシェアしてください: