東京為替:ドル・円は119円49銭付近、ドル急反発、中国GDP上振れ受け

東京為替:ドル・円は119円49銭付近、ドル急反発、中国GDP上振れ受け

19 10月 2015, 18:21
Kadze
0
83

19日午前の東京外為市場でドル・円は11949銭付近。 
中国の7-9月期国内総生産(GDP)の予想を上回るとの見込みから値動き。 
ドル・円は11950銭で落ち着いた後、日経平均株価の下落に連動した。 
国内の売りが強まり、一時11914銭まで下落した。 
だが、11時に公表された中国の7-9月期国内総生産が市場予想をやや上回る前年比+6.9%、前期比+1.8%となったことが好印象で、ドルは一時11961銭まで上がった。 
中国のGDP公表を受け、株安のリスク回避的な円買いは縮小した。 
しかし、昼の日経平均先物は、前週末の終値付近にとどまり、プラスになっていないことから、ドル・円は午後の取引では119円半ばで推移と予想される。 
一方、ユーロ・ドルは1.1352ドルから1.1377ドル、ユーロ・円は13547銭から13595銭で推移。 

それを友達とシェアしてください: