日本郵政公社は、日本最大のIPO により1200万ドル調達予定

日本郵政公社は、日本最大のIPO により1200万ドル調達予定

11 10月 2015, 17:19
Kadze
0
47

金融と郵便の国有会社である日本郵政公社は、1998年以来、日本最大となる可能性があるIPOのための価格帯を設定した。

日本政府は114日に予定されているIPOにより、合計で144百億円(120億ドル)を調達する計画です。

株式の80%を日本の投資家、残りの20%を外国人に配分する。

このときに、日本郵政は3社に分割される。持株会社の株式だけでなく、銀行や保険の分野は、東京証券取引所で別々に上場される。目標価格:日本郵政  11001400円、かんぽ生命保険(株) - 1900-2200円、ゆうちょ銀行株式会社 - 1250-1450

最終的な上場の価格は銀行・保険事業は109日、持株会社は1026日に設定されます。

日本郵政公社は、日本で最大の会社になり、そこでは20万人以上の人が全国で24千の支店で働いている。ゆうちょ銀行の預金量は約178兆円で第一位だ。

それを友達とシェアしてください: