中国・香港株式市場・大引け

中国・香港株式市場・大引け

30 9月 2015, 04:04
Yamaguchi Katashi
0
50

香港市場のリポート追加しました。) [上海 29日 ロイター] - 上海総合指数 .SSEC 前営業日比 売買代金概算   大引け3038.1368 62.6191 1694.0億元(上海A株)高値 3068.2976 安値 3021.1570 前場終値 3043.8466 56.9093  923.7億元(上海A株) 寄り付き 3055.2176 45.5383  前営業日終値 3100.7559 8.4089  1662.0 億元(上海A株)

ハンセン指数 .HSI 大引け 20556.60 629.72 840.3億香港ドル 高値 20579.22 安値 20368.12 前場終値 20426.73 759.59 472.1億香港ドル寄り付き20579.22 607.10 前営業日終値 21186.32 90.34 690.6億香港ドル

929日取引が終了した時点で、中国株式市場は反落した。世界経済の急激な減速の恐れを受けて、海外株市場下げ、コモディディとアナルギー関連株も下げるようになった。今までより薄取引だ。6月上旬の上海市場の取引高はピークで、現在の取引高はピークの25%程度。101日から始まる中国の国慶節で7日間の休暇になり、それを迎え、全体的にリスクオフムードになる傾向がある。さらに、101日に発表されるPMI製造業購買担当者景気指数)とサービス業PMIを待っている状態が続いている。

華泰証券のアナリスト、Zhou Lin氏は「世界経済の健全性をめぐる懸念事項が山積し ている。欧州の景気回復もアジアもともにまだ弱い」と指示。さらに、新興国市場から米国への資金還流を促す恐れがあり、その理由としては年内に予測される米利上げの実行だと示した。「さ らに、中国は国慶節の休暇を控え、手控えムードが広がっている」とも論述した。ほとんど全面的に銘柄の株は下げ。下落銘柄の数は1992だったのに比べて、421の上昇銘柄しかない。原材料需要を減退させる経済の低迷を恐れているから、特にコモディティ関連株 .CSI300MTとエネルギー株 .CSI300EN が売り込まれた。

取引が終了した時点で、香港株市場も大幅bに反落した。大量の売りを促した世界経済の急減速の恐れの高まり。ことに資源株や隠ディディ関連株が下落。ハンセン指数 .HSI の終値は629.72ポイント(2.97%)安の2万0556 .60と、2013年7月以来2年ぶりの安値水準で引けた。 ハンセン中国企業株指数(H株指数) .HSCE は281.76ポイント(2.96% )安の9230.50。

UOBケイヒアン(香港)のディレクター、Steven Leung氏は「投資家は中国経済の 急減速を懸念している。ただ最大のリスクは、世界全体のリセッションで、中国の問題だ けではない」と示した。「日本をみても景気はよくないし、経済状況でいえば欧州もよく ない」と指示。このような弱い意見は香港金融当局の予測とも一致する。この間、当局は金融・財政安定化レポートが発表され、この中では、「中国本土経済の減速懸念と米国の金利正常化をめぐ る不透明性は引き続き暗い影を落とす」と示し、つまり今年後半の香港株式市場に注意するように主張している主なセクターは下落する中、エネルギー関連株 .HSCIE が下げを招いている。中国石油天然ガス(ペトロチャイナ) 0857.HK中国 石油化工(シノペック) 0386.HK 、、中 国海洋石油(CNOOC) 0883.HK など香港株市場に出る中国石油大手株はどれでも6%以上下げ。コモデ ィティ関連株 .HSCIM も大幅に下落した、その理由としては景気の悪化が金属の需要を縮小させる恐れがると挙げられる。 

それを友達とシェアしてください: