ドル円は下がりましたが、金曜日の最低値より低い

ドル円は下がりましたが、金曜日の最低値より低い

21 9月 2015, 17:04
Antuan81
0
86

月曜日には、最近の最低価格を超えず、ドルユーロが下がり、ドル円も下がる傾向があります。 連邦準備制度が利上げを延期したので、世界の中央銀行は政策をゆるめる恐れがあります。

今日15時14分にドルは(6)通貨バスケットに対し約95,28程度になりました。先週金曜日の最高値(8月26日から9月21日までの期間中の最高値)と比べたら高いです。

ユーロは1,1311ドルまで 0,11パーセント上がりましたが、金曜日の最高値より低いです。

ドル円は119,91円まで0,08パーセント下がりました。金曜日の最低値より高いです。. 日本証券アナリストは、「金曜日にはドル円が119.00円以上だったので、ドルは範囲内には収まると予想される」と述べました。彼らによると、ドルは 116円まで下がるそうです。相場師の話によると、金曜日の最低値からドルを回復することは、上昇トレンドより小さなはね返りの可能性があります。

日本銀行と欧州中央銀行は金融政策を始める可能性があるので、相場師はドル売却を急いでいません。上述の意見は、日本証券アナリストの意見です。. それと同時に、連邦準備制度が利上げを延期したので、ドルを買うのは危険です。

土曜日には、 サンフランシスコ連邦準備銀行のジョン・ウィリアムズ総裁は、「利上を開始する可能性が高い」と述べたので、ドルの雄牛の気分が良くなりました。それにも かかわらず、米国の弱いインフレ、世界経済の問題や金融市場の不安定など理由では、相場師を困らせます。連邦準備銀行はいつ利上を開始するのか本当に誰も 知りません。

中国と中国のPMI統計の発表が注意を集中すべきです。アジアの証券取引は今週初めに消極的な様子ですが、日本の相場は三日間の休みをとって木曜日から再び働き始めます。

それを友達とシェアしてください: