FRB、12月利上げのチャンスがある

FRB、12月利上げのチャンスがある

30 10月 2015, 08:26
Antuan81
0
133

連邦準備理事会(FRB)は28日の米連邦公開市場委員会(FOMC)利上げの見送りを決めた。12月利上げの可能性を専門家に聞いた。ただし、それは100%信用できない約束である。FRBが次にどう行動するかを理解しようとするなら、FRBのメッセージを言葉の通りに受け取るのがよい。

「FRBは利上げを行う予定だと明らかにした。」とアナリストは述べた。

先月、FOMC 参加者による最新の経済予測では、17人中13人がなお年内の利上げを予想していることが示された。 今月の米連邦公開市場委員会(FOMC)なら、投票の結果発表は、9/1である。反対者はジェフリー・ラッカー委員で、今回の会合でFF金利の目標誘導レンジを25ベーシスポイント引き上げることが好ましいと考えた。

「労働市場がさらにいくらか改善すれば、利上げが適切だ」という意見が出された。FRBが2006年以来の利上げに備える。

ただし、ちょうど良い範囲もある。月と比べて、家計費と固定投資の成長率が高い。

インフレ率はここ3年余り、FRBの目標とする2%を下回っており、FRBは目標到達時期を2018年以降と予想している。FRB議長にとっては、 インフレは「心配と言う以上のものだ」。今年、インフレ率が0,3%だけ上昇。一方、米国の労働市場の改善トレンドがある。イエレンFRB議長は、「労働 市場の改善はインフレの自信を助長。」と述べた。「インフレの下向きリスクは解消されつつある。」

今週後半にある重要な指標が発表される。例えば、第3四半期のGDP成長の当初予測が発表される。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想1.6%成長とほぼ一致したが、前期の3.9%成長を下回った。

もう一つの問題は、弱い世界経済のことである。米国経済はやはり世界経済による。それで、世界経済が強い場合のみドル高は便利だね。

中国は原材料価格の上昇につながった。それもインフレに影響を与える。ドルの値段がまた高くなったので、アメリカが輸出国としてちょっと心配する。それにもかかわらず、9月にFOMC の参加者は用語には注意深ったである。ただ、「システムに気をつける」と言われただ、「システムに気をつける」と言われた。

このように、FOMCに関する上記をまとめて、今回FRB利上げの可能性が本当に高いだと思う。

FOMC の後、ドルの値段がまた高くなった。ユーロドル は1,1079 から 1,0901となった。今、ちょっと回復したけど($1,0938)、15週期の最小値に近づける。ドル円は120,50 から121,26まで上昇したが、少し後で120,80となった。

それを友達とシェアしてください: