ヨーロッパのほとんどの取引所がマイナスとなった

ヨーロッパのほとんどの取引所がマイナスとなった

27 10月 2015, 13:19
Kadze
0
108

26日のヨーロッパ株式市場は、国債入札は不調に終わっていた。ヨーロッパセッションの結果として、ストックス・ヨーロッパ600は0.39%の下降、英FTSE100が0.42%安、仏CAC40が0.54%安、DAXは0.06%上昇。

先週発表された中国の利下げによる株価押し上げ効果が薄れた。

J・サフラ・サラシン銀行のストラテジスト、アレッサンドロ・ビー氏は、「先週に引き続き強いラリーの後で、市場はちょっと休みをとった。みんな金 融政策の変更を予測してみる。」と述べた。 「また、中央銀行は今週、注目を集めている。」との見方を示した。「もう大きな変更はないだろう。」と言った。

フランスの自動車大手プジョーは3.6%安。イギリスでは収益の増加率が低下するとの発表の後、WPP Plcは1.9%安。先週発表された結果によって、独Dialog Semiconductor plcは20%の下降。ドイツ銀行は1.4%安。英鉱業大手アングロ・アメリカンは2.7%安、商品取引大手グレンコアは2.7%安。

ただし、スウェーデンの警備会社Securitas ABは3.9%の上昇となった。 又は、アバディーン・アセット・マネジメントは3.1%上昇となった。身売りを模索していると伝わったが、同社の広報担当者は創業者が公式にも非公式にも 事業売却に動いたことは一度もないと否定した。

それを友達とシェアしてください: