無料でロボットをダウンロードする方法を見る

あなたのMetaTrader 5ターミナルからコードベースにアクセスしてください。

正しいコードが見つかりませんでしたか?フリーランスセクションでそれをオーダーしてください

エキスパートアドバイザーやインディケーターをどのように書くか

MetaTrader 5のためのMQL5ソースコードライブラリ - 28

これがMetaTrader 5プラットフォームプログラムのための最大の無料ソースコードライブラリです。ここであなたは既製のエキスパートアドバイザー、テクニカルインディケーター、スクリプトとライブラリを見つけることができます。MQL5言語を学び提供されたコードに基づいたあなた自身の自動トレーディングアプリケーションを開発するときにコードライブラリを使ってください。

あなたはパブリッシュされたコードを無料でダウンロードしテストすることができ、またMetaTrader 5の中でそれらを実行することもできます。ライブラリはMetaTrader 5プラットフォームとMetaEditor開発環境から直接使用することができます。

新しいコードを投稿するためには ログインしてください または 登録する
最新の|ベスト

Trend Intensity Index指標です。

Trend Analysis Index指標です。

ストキャスティク相対強度指数は、境界線間の変動とポジションを開くためのシグナルの欠如という欠点を持つRSI(Relative Strength Index)の感度を高めます。

"Range Indicator"指標です。

PAIN(Price Action Indicator)オシレータです。

NV (Natenberg's Volatility) - Sheldon Natenbergの歴史的ボラティリティ指標

Intraday Momentum Index指標です。

CVI(Chartmill Value Indicator)オシレータです。

APZ(Adaptive Price Zone)指標は適応型価格チャネルを表します。

AML(Adaptive Market Level)指標は、フラット、上昇トレンド、下降トレンドの3つの市場状態の1つを表示します。

二次回帰MA(Quadratic Regression MA)は線形回帰値の変種の一種ですが、市場の変化により高速で反応します。

LSMAトレンド(LSMA Trend)はLSMA (Least Squares Moving Average)に基づいた指標です。使用された平均のトレンドを表示し、それを一種のオシレータとして表示します。

ZLS(Zero Lag Stochastic)指標は、ゼロラグストキャスティクで、異なる周期%К、減速度、重みを持つ複数のストキャスティクの比です。

変数の値と名前を出力する簡単なインクルードファイルです。

指数移動平均の代わりに価格の対数とJMA (Jurik移動平均)を平滑化に使用するTRIX指標です。

指数移動平均の代わりに価格の対数とT3を平滑化に使用するTRIX指標です。

価格の対数を使ったTRIX指標です。

トレンドトリガーファクター(Trend Trigger Factor)指標の多時間枠版です。

トレンドトリガーファクターJMA(Trend Trigger Factor JMA)指標の多時間枠版です。

JMA(Jurik移動平均)平滑化を使用して、偽シグナルを軽減するなどしてトレンドトリガーの状態を簡単にするトレンドトリガーファクター指標です。

MetaTrader 4で誤ってコーディングされたバージョンからMQL5に移植されたFactorトレンドトリガーファクター指標です。

T3平滑化(偽シグナルを減らすため)とトレンドトリガーの状態を簡単にするためのいくつかの追加機能を備えたトレンドトリガーファクター(Trend Trigger Factor)指標です。

バンドのPerry Kaufmanの適応移動平均(Kaufman's Adaptive Moving Average、KAMA)+- ATR距離として計算されるケルトナーチャネルです。

バンドのJMA (Jurik移動平均) +- ATR距離として計算されるケルトナーチャネルです。

バンドのNon Lag MA +- ATR距離として計算されるケルトナーチャネルです。

Juiceは標準偏差の指標で、偏差が蛇行しているか、一定のレベルを超えているかどうかを示します。これによって、ボラティリティがそのレベルに比べて増加しているかどうかを示すことができます。

このバージョンのエリオットオシレータ(Elliot Oscillator)では、計算時間を選択できます。

元のレンジオシレータ+バンド(Range Oscillator + Bands)指標の平滑化されたバージョンです。平滑化によっていくつかの偽シグナルがフィルタリングされます。平滑化手法はJMA(ラグが非常に小さい)なので、追加のラグは非常に小さく、指標は多くの特定状況で使いやすくなります。

このバージョンのレンジオシレータは、偽シグナルを避けるための平滑化オプションを備えています。

価格帯オシレータ - 浮動レベル(Price Zone Oscillator - Floating Levels)指標のいくつかのシグナルをフィルタリングするために、このバージョンには平滑化が追加されています。

価格帯オシレータのこのバージョンでは、元の指標の傾きが「速すぎる」という問題の解決が試まれます。

これはRSIのシグモイド正規化バージョンです。滑らかな結果を得るために、追加のJMA平滑化が使用されます。

このRSIの正規化されたバージョンでは、そのボラティリティを小さくし、ラグを加えることなくRSIの傾きをより有効にするために、JMA平滑化が追加されています。

RSIの正規化は、計算期間が長いほどRSIがより平坦になるという「RSI問題」の修正を試みます。

価格帯オシレータ指標と違って、このバージョンではトレンドは浮動レベルを使用して判断されます。

価格帯オシレータ(Price Zone Oscillator、PZO)の計算式は、現在の終値が昨日の終値よりも高い場合、終値は正の値(強気)になり、それ以外の場合は負の値になる(弱気)という唯一の条件に依存します。

ヘンダーソンフィルタは、移動平均系列の3番目の差の二乗和を最小化することによって導出されます。ヘンダーソンの基準は、これらのフィルタを3次多項式に適用すると、結果として得られる平滑化出力がこれらの放物線に正確に収まることを保証します。ヘンダーソンフィルタは、トレンドの典型的なサイクルをそのまま通過させることができるため、経済的な時系列を平滑化するのに適しています。また、6ヶ月以内の非常に短い頻度の不規則な変化のほとんどを排除するという性質も持っています。

Multi T3 Slopes指標は5つ(異なる期間)のT3移動平均の傾きを確認し、それらを合計して全体のトレンドを示します。

Multi JMA Slopes指標は、5つ(異なる期間)のJurik移動平均(JMA)の傾きを確認し、それらを合計して全体のトレンドを示します。

Multi LSMA Slopes(複数のLSMA勾配)指標は、5つの(異なる期間)最小二乗移動平均(LSMAまたは線形回帰値)の傾きを確認し、それらを合計して全体的なトレンドを示します。

1...212223242526272829303132333435...157