無料でロボットをダウンロードする方法を見る

あなたのMetaTrader 5ターミナルからコードベースにアクセスしてください。

正しいコードが見つかりませんでしたか?フリーランスセクションでそれをオーダーしてください

エキスパートアドバイザーやインディケーターをどのように書くか

MetaTrader 5のためのMQL5ソースコードライブラリ - 26

これがMetaTrader 5プラットフォームプログラムのための最大の無料ソースコードライブラリです。ここであなたは既製のエキスパートアドバイザー、テクニカルインディケーター、スクリプトとライブラリを見つけることができます。MQL5言語を学び提供されたコードに基づいたあなた自身の自動トレーディングアプリケーションを開発するときにコードライブラリを使ってください。

あなたはパブリッシュされたコードを無料でダウンロードしテストすることができ、またMetaTrader 5の中でそれらを実行することもできます。ライブラリはMetaTrader 5プラットフォームとMetaEditor開発環境から直接使用することができます。

新しいコードを投稿するためには ログインしてください または 登録する
最新の|ベスト

平均期間が55の iMA (移動平均、MA) に基づくトレーディングシステム (平均期間はハードコーディングされており、インプットパラメータでは使用できません)。

SVE_ARSI (Sylvain Vervoort の非対称 RSI) インジケータは、2008年10月の「Stocks & Commodities」に記載されました。

James Sibbet によって開発された Demand_Index のインジケータは、価格およびボリュームを結合した、価格変更の先行インジケータです。

ロウソク足のシーケンスとして実装されたシャンデリア決済インジケータ

スーパー SAR は SuperTrend とiSARに基づくシグナルインジケータです。

iMA (移動平均、MA) インジケータに基づくEA

ミラー MA インジケータは、異なる計算データを持つ2つの MA と、直接移動平均データに基づいて計算された1つのシグナルラインとの差に基づいて計算された別のチャートウィンドウで、2つのミラー移動平均を備えています。

"雪崩" 戦略の一種。 マーチンゲールを使用します。

スティーブンクリンガーによって開発された、トレーダーが短期間の変化を検出できる、長期的なトレンドを決定するためのクリンガーオシレーター

ダイナミックトレンドシグナルインジケータは、2色のトレンド方向ラインを描画し、シグナル矢印を追加します。

前のトレードの結果に応じて、次のトレードのボリュームを変更する機能を持つ ColorXPWMA_Digit インジケータシグナルに基づいたトレードシステム。

Trend_Intensity_Index インジケータは、インプットパラメータを使用してインジケータの期間を変更する機能を備えています。

Trading_Channel_Index インジケータは、インプットパラメータを使用してインジケータの期間を変更する機能を備えています。

ColorXPWMA_Digit インジケータは、インプットパラメータを使用してインジケータの期間を変更する機能を備えています。

ColorXPWMA_Digit インジケータは、標準偏差アルゴリズムに基づいて色付きのドットを使用して、追加のトレンド強度を表示します。

ディナポリプリファードストキャスティクスインジケータは、標準ストキャスティクスとは異なりJoe Dinapoli によって記述されたスムージングメソッドを使用します。

インジケータ DHLPBO (ダイナミックハイ/ローパーセンテージバンドオーバーレイ)。 範囲の高値/安値に基づいて計算された2つのバンドを表示する DHLBO とは異なり、このインジケータは常に範囲全体にわたって一定の割合でチャネル幅を絞り込みます。

DHLBO (ダイナミックハイ/ローバンドオーバーレイ) インジケータは、高値/安値の範囲に基づいて計算された2つのバンドの価格チャートに表示されます。

偏差オシレーター-選択範囲内で正規化された価格と MA の差を表すボラティリティオシレーター

デルタオシレーターは、デルタインジケータラインの差をヒストグラムとして表示します。

デルタインジケータは、足平均価格ライン (OHLC)/4 と、現在から前の (OHLC)/4 の価格比の10進対数のラインを描画します。

合成VIX(Synthetic VIX)の平滑化されたバージョンです。

ボリュームゾーンオシレータ指標と違って、このバージョンではトレンドは浮動レベルを使用して判断されます。

ボリュームゾーンオシレータ(Volume Zone Oscillator)指標は、Walid KhalilとDavid Stecklerの「In The Volume Zone」稿に基づいており、設計上、トレンドとオシレーション(非トレンディング)の両方に分類されます。

この指標は、よく知られているWPR(ウィリアムズ・パーセント・レンジ)指標のバリエーションで、4つのWPR値が「ローソク足」にまとめられています。

平滑平均足とは異なり、この指標には2つの値(上昇トレンドの場合は+1、下降トレンドの場合は-1)しか表示されず、エキスパートでの使用に適しています。

平滑平均足(Heiken Ashi Smoothed)指標では計算に「生の」価格を使用する代わりに平滑化/フィルタリング済み/平均価格が使用されています。

2つの値(上昇「トレンド」は+1、下降「トレンド」は-1)のみを持つ「バイナリ」として作成されたADXVMA指標です。

この平滑累積スイング指数(Accumulative Swing Index Smoothed)指標バージョンでは、トレンドの評価に使用できる一種のレベルが導入されています。

このバージョンの累積スイング指数(Accumulative Swing Index)指標は、より滑らかな結果を生成して、いくつかの機能の追加を試みています。

日中のチャネル値とそのチャネルのブレイクアウトを確認する指標です。

小売ヘッジ口座から決済されたポジションの履歴を.csvファイルにエクスポートします。

ADX trend smoothed - multi time frame(平滑ADXトレンド-多時間枠)

ADX trend - smoothed(平滑ADXトレンド)

Pivot oscillator - averages(ピボットオシレータ-平均)

ピボットオシレータ(Pivot Oscillator)は、ピボットラインを別のウィンドウに表示して、ピボットラインを基準にした価格の位置を示す、よく知られたピボット指標のバリエーションです。

JMAのRSI

RSI (var) using Jurik MA

3つのルール/フィルタを追加して古典的なMACDを強化したものです。

CCI T3ベース(CCI T3 Base)指標では、平均値がT3で置き換えられ、偏差がEMA偏差で置き換えられます。

1...192021222324252627282930313233...157