無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

インディケータ

Harami_Alert - MetaTrader 5のためのインディケーター

Nikolay Kositsin | Japanese English Русский 中文 Español Deutsch Português

ビュー:
142
レーティング:
投票: 12
パブリッシュされた:
2018.11.05 08:16

著者:

Paul Stringer

このインジケータは、ハラミ(Harami)パターンを定義し、アラート、電子メール、プッシュ通知をします。

アラート、電子メールメッセージ、およびプッシュ通知を実装するために、インジケータコードに次の変更が加えられました。

  1. 新しいインプットパラメータを導入
    input uint NumberofBar=1;//シグナルの足番号
    input bool SoundON=true; //アラートを有効にする
    input uint NumberofAlerts=2;//アラートの数
    input bool EMailON=false; //シグナルの送信を有効にする
    input bool PushON=false; //モバイルデバイスへのシグナル送信を有効にする
    
  2. インジケータコードの直近に3つの新しい関数を追加しました: BuySignal()、SellSignal() と GetStringTimeframe()
    //+------------------------------------------------------------------+
    //|買いシグナル関数                                                    |
    //+------------------------------------------------------------------+
    void BuySignal(string SignalSirname,      //電子メールおよびプッシュメッセージのインジケータ名のテキスト
                   double &BuyArrow[],        //買いシグナルのインジケータバッファ
                   const int Rates_total,     //現在の足数
                   const int Prev_calculated, //前のティックの足の数
                   const double &Close[],     //終値
                   const int &Spread[])       //スプレッド
      {
    //---
       static uint counter=0;
       if(Rates_total!=Prev_calculated) counter=0;
    
       bool BuySignal=false;
       bool SeriesTest=ArrayGetAsSeries(BuyArrow);
       int index;
       if(SeriesTest) index=int(NumberofBar);
       else index=Rates_total-int(NumberofBar)-1;
       if(NormalizeDouble(BuyArrow[index],_Digits) && BuyArrow[index]!=EMPTY_VALUE) BuySignal=true;
       if(BuySignal && counter<=NumberofAlerts)
         {
          counter++;
          MqlDateTime tm;
          TimeToStruct(TimeCurrent(),tm);
          string text=TimeToString(TimeCurrent(),TIME_DATE)+" "+string(tm.hour)+":"+string(tm.min);
          SeriesTest=ArrayGetAsSeries(Close);
          if(SeriesTest) index=int(NumberofBar);
          else index=Rates_total-int(NumberofBar)-1;
          double Ask=Close[index];
          double Bid=Close[index];
          SeriesTest=ArrayGetAsSeries(Spread);
          if(SeriesTest) index=int(NumberofBar);
          else index=Rates_total-int(NumberofBar)-1;
          Bid+=Spread[index]*_Point;
          string sAsk=DoubleToString(Ask,_Digits);
          string sBid=DoubleToString(Bid,_Digits);
          string sPeriod=GetStringTimeframe(ChartPeriod());
          if(SoundON) Alert("BUY signal \n Ask=",Ask,"\n Bid=",Bid,"\n currtime=",text,"\n Symbol=",Symbol()," Period=",sPeriod);
          if(EMailON) SendMail(SignalSirname+": BUY signal alert","BUY signal at Ask="+sAsk+", Bid="+sBid+", Date="+text+" Symbol="+Symbol()+" Period="+sPeriod);
          if(PushON) SendNotification(SignalSirname+": BUY signal at Ask="+sAsk+", Bid="+sBid+", Date="+text+" Symbol="+Symbol()+" Period="+sPeriod);
         }
    
    //---
      }
    //+------------------------------------------------------------------+
    //| 売りシグナル関数                                                   |
    //+------------------------------------------------------------------+
    void SellSignal(string SignalSirname,      //電子メールおよびプッシュメッセージのインジケータ名のテキスト
                    double &SellArrow[],       //売りシグナル付きインジケータバッファ
                    const int Rates_total,     //現在の足数
                    const int Prev_calculated, //前のティックの足の数
                    const double &Close[],     //終値
                    const int &Spread[])       //スプレッド
      {
    //---
       static uint counter=0;
       if(Rates_total!=Prev_calculated) counter=0;
    
       bool SellSignal=false;
       bool SeriesTest=ArrayGetAsSeries(SellArrow);
       int index;
       if(SeriesTest) index=int(NumberofBar);
       else index=Rates_total-int(NumberofBar)-1;
       if(NormalizeDouble(SellArrow[index],_Digits) && SellArrow[index]!=EMPTY_VALUE) SellSignal=true;
       if(SellSignal && counter<=NumberofAlerts)
         {
          counter++;
          MqlDateTime tm;
          TimeToStruct(TimeCurrent(),tm);
          string text=TimeToString(TimeCurrent(),TIME_DATE)+" "+string(tm.hour)+":"+string(tm.min);
          SeriesTest=ArrayGetAsSeries(Close);
          if(SeriesTest) index=int(NumberofBar);
          else index=Rates_total-int(NumberofBar)-1;
          double Ask=Close[index];
          double Bid=Close[index];
          SeriesTest=ArrayGetAsSeries(Spread);
          if(SeriesTest) index=int(NumberofBar);
          else index=Rates_total-int(NumberofBar)-1;
          Bid+=Spread[index]*_Point;
          string sAsk=DoubleToString(Ask,_Digits);
          string sBid=DoubleToString(Bid,_Digits);
          string sPeriod=GetStringTimeframe(ChartPeriod());
          if(SoundON) Alert("SELL signal \n Ask=",Ask,"\n Bid=",Bid,"\n currtime=",text,"\n Symbol=",Symbol()," Period=",sPeriod);
          if(EMailON) SendMail(SignalSirname+": SELL signal alert","SELL signal at Ask="+sAsk+", Bid="+sBid+", Date="+text+" Symbol="+Symbol()+" Period="+sPeriod);
          if(PushON) SendNotification(SignalSirname+": SELL signal at Ask="+sAsk+", Bid="+sBid+", Date="+text+" Symbol="+Symbol()+" Period="+sPeriod);
         }
    //---
      }
    //+------------------------------------------------------------------+
    //| 時間枠を文字列として取得する                                         |
    //+------------------------------------------------------------------+
    string GetStringTimeframe(ENUM_TIMEFRAMES timeframe)
      {
    //----
       return(StringSubstr(EnumToString(timeframe),7,-1));
    //----
      }
    


  3. OnCalculate() ブロックのインジケータ計算サイクルの後、BuySignal() および SellSignal() 関数への呼び出しをいくつか追加しました。
    //---     
       BuySignal("Harami_Alert",BuyBuffer,rates_total,prev_calculated,close,spread);
       SellSignal("Harami_Alert",SellBuffer,rates_total,prev_calculated,close,spread);
    //---   
    

ここで、BuyBuffer と SellBuffer は、売買シグナルを格納するためのインジケータバッファの名前です。 インジケータバッファの空の値として、ゼロ、または EMPTY_VALUE のいずれかを設定する必要があります。

BuySignal() および SellSignal() 関数に対する1つの呼び出しだけが、インジケータコードの OnCalculate() ブロックで使用することが前提となります。

もともとこのインジケータは、MQL4 で書かれており、最初は14.06.2016 に Code Base で公開されています。

図1. チャートの Harami_Alert インジケータ

図1. チャートの Harami_Alert インジケータ


図2. Harami_Alert. アラートの生成

図2. Harami_Alert. アラートの生成

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/22403

WPR_Histogram_Vol_HTF WPR_Histogram_Vol_HTF

インプットパラメータで使用可能なタイムフレーム選択肢がある WPR_Histogram_Vol インジケータ

TimeZonePivotsOpenSystem TimeZonePivotsOpenSystem

このインジケータは、TimeZonePivots チャネルを超えて行くロウソク足をペイントします。

WPR_Histogram_Vol WPR_Histogram_Vol

ボリュームを使用して、カラーヒストグラムとして表示されるウィリアムズのパーセントレンジオシレータ

Exp_BrainTrend2_AbsolutelyNoLagLwma_X2MACandle_MMRec Exp_BrainTrend2_AbsolutelyNoLagLwma_X2MACandle_MMRec

BrainTrend_V2、AbsolutelyNoLagLWMA と X2MACandleに基づいたトレードシステムで、前のトレードの結果に応じて次のトレードのボリュームを変更する機能があり、単一のEA内に3つのインジケータがあります。