無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ビュー:
670
レーティング:
投票: 74
パブリッシュされた:
2016.12.14 16:31
アップデートされた:
2018.06.06 09:48

このライブラリを使用すると、MQL4と同じようにMQL5(MT5-hedge)の注文を処理できます。

つまり、注文言語システム(order language system、OLS)がMQL4と同じになります。同時に、MQL5注文システムを並列</ i0>使用することができます。特に、MQL5標準ライブラリは引き続き完全に動作します。

注文システムを選択する必要はありません。並行使用します。MQL4からMQL5への移行では注文システムに触れる必要がまったくありません。

最初に下記の1行を追加するだけで十分です。

#include <MT4Orders.mqh> // #include <Trade/Trade.mqh>がある場合その後に加える

MQL5コードで同様のアクション(1行の追加)をとると、MT4 OLSをMT5 OLSに追加したり、完全に置き換えたりすることができます。

作者はこの機能を自分自身のために作成したので、故意に時系列、グラフィックオブジェクト、指標などのための 「一行」転送の考え方は適用しませんでした。

注文システムのみがカバーされます。

MQL4コードをMetaTrader 5でで変更なしに 動作させるための完全なライブラリを作成する可能性は検討されませんでした。

例ではスキャルパ、ニューストレーディングエキスパート、多通貨エキスパートなどのさまざまなタイプの複数のMT4/5エキスパートアドバイザー(コードベースのもの)が使用されています。

これは(MT4とMT5 OLSの並列性)は、MT5テスタ(またはデモ)での使用例です。

// MQL4&5-コード

#define OnTick MTstart
#define start  MTstart

#ifdef __MQL5__

// 必要なMT5 EAを選ぶ
// #include "Lucky.mq5"               // https://www.mql5.com/en/code/1107
// #include "Puria.mq5"               // https://www.mql5.com/en/code/138
// #include "Ilan_1_6_Dynamic_HT.mq5" // https://www.mql5.com/en/code/12220
// #include "Multik.mq5"              // https://www.mql5.com/en/code/158
// #include "VLT_Trader.mq5"          // https://www.mql5.com/en/code/1163
// #include "Exp_PFE_Extr.mq5"        // https://www.mql5.com/en/code/16044

#endif // __MQL5__

#include <MT4Orders.mqh> // #include <Trade/Trade.mqh>がある場合その後に加える

#include <MQL4_to_MQL5.mqh> // この例のみに必要

// 必要なMT4 EAを選ぶ
// #include "Lucky.mq4"          // https://www.mql5.com/en/code/7464
// #include "E-news-lucky6.mq4"  // https://www.mql5.com/en/code/7672
// #include "cm_ea_news.mq4"     // https://www.mql5.com/en/code/10511
// #include "Spreader_v2.mq4"    // https://www.mql5.com/en/code/14500
#include "Ilan1_4_strict.mq4" // #property strict (MQL5)、オリジナル - https://www.mql5.com/en/code/8492

#include "OrdersToString.mqh"

#undef OnTick

void OnTick( void )
{
  ::MTstart();

  if (MQLInfoInteger(MQL_VISUAL_MODE))
    Comment("Trade:" + OrdersToString() + "\nHistory:" + OrdersToString(MODE_HISTORY)); // can be viewed in visual mode of the tester

  return;
}

以前はMetaTrader 4テスターでMT4エクスパートを実際のティックでテストすることが可能でしたが、以来MT5テスターは多通貨機能を持つようになりました。つまり、MT4多通貨エクスパートは、テスターで直接テストできます。

追加の例は、複数のMT4サンプルから収集された統計スクリプトです。

// MQL4&5-コード

#include <MT4Orders.mqh> // #include <Trade/Trade.mqh>がある場合その後に加える

#include <MQL4_to_MQL5.mqh> // この例のみに必要

#ifdef __MQL5__
  #property script_show_inputs

  void OnStart( void )
  {
    ::OnStartScript();  // TradingSystemRating_Script_Ad.mq4

    ::WriteDealsInfo(); // b-SharingDoW.mqh

    // Report_strict.mq4
    ::init();
    ::start();
    ::deinit();

    MessageBox("Look in MQL5\\Files");

    return;
  }
#endif // __MQL5__

#define OnStart OnStartScript

#include "TradingSystemRating_Script_Ad.mq4" // https://www.mql5.com/en/code/12040

#include <b-SharingDoW.mqh> // https://www.mql5.com/en/code/8090
sinput int MAGIC = 0;       // MagicNumber of the evaluated orders (b-SharingDoW.mqh)

// 警告を無視する - スクリプトは2006年に書かれた
#define i ii //  警告を避ける
#include "Report_strict.mq4" // #property strict (MQL5)、オリジナル - https://www.mql5.com/en/code/8126

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/16006

i-CAiChannel i-CAiChannel

i-CAi指標のアルゴリズムを使用するエンベロープ指標

i-CAi_Digit i-CAi_Digit

i-CAi指標は必要な桁数までチャンネルのレベルを丸める可能性を持ち、最新の値を価格ラベルとして表示します。

i-CAiChannel_System_Digit i-CAiChannel_System_Digit

この指標はi-CAiChannelチャネルを使用してブレイクスルーシステムを実現します。

Exp_i-CAi_StDev Exp_i-CAi_StDev

i-CAi_StDev指標のシグナルに基づいた取引システム