無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ビュー:
399
レーティング:
投票: 23
パブリッシュされた:
2015.12.25 11:45

私はよく『МetaТrader 4とМetaТrader 5ターミナルの性能を最大限に利用する為にどのコンピュータを選択すればいいのだろうか?』とよく考え込み、フォーラムで質問を投げかけていました。この問題は、アップグレードの時や、МetaТraderの性能を支えられるような新しいパソコンを購入する時に、多くの人が興味を持つことでもあります。IntelかAMDか?どれくらいの、またどんな主記憶装置が必要か?マザーボードは?データの保存にはSSDがいいのか、それともHDDがいいのか?

開発者の人たちは、МetaТrader 5端末の速度と性能を褒めちぎりますが、平凡なトレーダーやプログラム愛好家として、開発者たちの言葉をチェックして、彼らは何と言っているのか個人的に確認してみようと思います。何某かのコードを書く?どんな?何で検証する?まずどうやってМetaТrader 4とМetaТrader 5の性能の違いを比べるのか?

とにかく、私は長いこと考えて、МetaТrader 4とМetaТrader 5の端末とパソコンの性能のテストスクリプトを書くことに決めました。

コードの一部は、x64プラットフォームの為の新しいMQL5コンパイラーのテスト―計算速度を2倍から10倍に!から引用しています。

全てのテストのコードを1つのスクリプトにまとめ、全てのこれらのコードをクラスを介して追加しました。つまり、スクリプトはパソコンと端末を2つのタイプのプログラミング、手続き型とオブジェクト指向型でテストを行います。同様に、私はグラフィックオブジェクトの描画、それらの配置と削除に関わるいくつかのテストや、CCanvasクラスを使ったテスト、100万の分足のバーのコピー時のCopyRates機能の動作速度の測定を加えました。全部で45のテスト。

同様にスクリプトを使って、VPSとVDSのホストの動作を検証することができます。(テスト期間における性能の比較)

僕の例に沿って、ご自身のパソコンのテストをしてみてください。私は空の自動起動のパソコンの最大出力時の自分のパソコンでテストを行いました。

スクリプトの動作原理:起動後にスクリプトは段階的にテストを行い、テストに必要なすべてを作成し削除し、テストの終わりには自分自身でテスト結果表を開きます。

私の作業用パソコン:

  • OS名:Windows 10 Pro
  • タイプ:x64ベースのコンピュータ
  • プロセッサ: AMD Phenom(tm) II X6 1100T Processor, 3311 MHz, コア: 6, 論理プロセッサ: 6
  • 主記憶装置:(RAM) 8,00 GB
  • ディスク:SSD モデル OCZ-AGILITY3 90 GB

結果:

MT4 MT5 MT5は何倍速いか
===TERMINAL INFO=== 0 0
TERMINAL_BUILD 902 1210 Build
TERMINAL_CPU_CORES 6 6 Cores
TERMINAL_DISK_SPACE 14228 14134 Mb
TERMINAL_MEMORY_PHYSICAL 8107 8107 Mb
TERMINAL_MEMORY_TOTAL 4095 16214 Mb
TERMINAL_MEMORY_AVAILABLE 3737 0 Mb
TERMINAL_MEMORY_USED 358 33245 Mb
===TEST=== 0 0
Test Ackermann 2406 0 MilSek 完全優位 *
Test Ackermann OOP 2969 0 MilSek 完全優位
Test Arrays 21422 297 MilSek 72,13
Test Arrays OOP 7312 437 MilSek 16,73
Test BubbleSort 13422 672 MilSek 19,97
Test BubbleSort OOP 4297 656 MilSek 6,55
Test Call 969 0 MilSek 完全優位
Test Call OOP 906 0 MilSek 完全優位
Test Fibo 2594 0 MilSek 完全優位
Test Fibo OOP 2656 0 MilSek 完全優位
Test Float 2359 0 MilSek 完全優位
Test Float OOP 2516 0 MilSek 完全優位
Test Matrix 20969 672 MilSek 31,20
Test Matrix OOP 7984 656 MilSek 12,17
Test Moments 7578 5578 MilSek 1,36
Test Moments OOP 7266 5594 MilSek 1,30
Test NestedLoop 5672 0 MilSek 完全優位
Test NestedLoop OOP 6015 0 MilSek 完全優位
Test PiCalculate 12000 3515 MilSek 3,41
Test PiCalculate OOP 11953 3500 MilSek 3,42
Test QuickSort 11734 2110 MilSek 5,56
Test QuickSort OOP 12782 1234 MilSek 10,36
Test Random 3297 516 MilSek 6,39
Test Random OOP 3203 531 MilSek 6,03
Test Sieve 18828 1078 MilSek 17,47
Test Sieve OOP 18890 1094 MilSek 17,27
Test StrCat 47 1578 MilSek 0,03
Test StrCat OOP 47 1766 MilSek 0,03
Test String 250 437 MilSek 0,57
Test String OOP 235 453 MilSek 0,52
Test StrPrep 5406 1922 MilSek 2,81
Test StrPrep OOP 5500 1938 MilSek 2,84
Test StrRev 6719 4265 MilSek 1,58
Test StrRev OOP 7125 4297 MilSek 1,66
Test StrSum 5843 3922 MilSek 1,49
Test StrSum OOP 5844 3984 MilSek 1,47
Test ObjectCreate 63 157 MilSek 0,40
Test ObjectMove 46 343 MilSek 0,13
Test ObjectDelete 579 0 MilSek 完全優位
Test ObjectCreate OOP 46 125 MilSek 0,37
Test ObjectMove OOP 63 328 MilSek 0,19
Test ObjectDelete OOP 547 0 MilSek 完全優位
Test CopyRates 94 0 MilSek 完全優位
Test Canvas 30078 28047 MilSek 1,07
Test Print(Hello, world!!!) 1047 7453 MilSek 0,14
Test Final 281594 89609 MilSek 3,14

 

* 完全優位 — MetaTrader 5の完全な優位

МetaТrader 4用バージョン

// 重要!!!結果を解釈することなく、スクリプトに変更を加えることはしないでください。
// スクリプトはコンピュータ(タブレットPC、デスクトップ/固定、VPS/VDSサーバ、サーバ)の性能の評価の為に作成されています。
// スクリプトはコンピュータに様々な目的をもつ45のテストを、オブジェクト指向と手続き型プログラミングという2種類のプログラミングでテストを行います。
// コードの一部はオープンソースから引用しています。 https://www.mql5.com/en/forum/68087   制作者 Renat Fatkhullin
// プログラム作成 Vladimir Pastushak     https://www.mql5.com/ja/users/voldemar
// 性能の主な指標―時間計算にかかる時間が少ないほど、コンピュータとМetaТraderターミナルの性能が高いということになります。

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/14179

TriXCandleSign TriXCandleSign

価格列のOpenとClose値をベースにした、TriXの2つのインディケータを使用したシグナルインディケータです。

EMVCandleSign EMVCandleSign

価格列のOpenとClose値をベースにした、EMVの2つのインディケータを使用したシグナルインディケータです。

OsMACandleSign OsMACandleSign

価格列のOpenとClose値をベースにした、OsMAの2つのインディケータを使用したシグナルインディケータです。

CCICandleSign CCICandleSign

価格列のOpenとClose値をベースにした、CCIの2つのインディケータを使用したシグナルインディケータです。