原油は米国の粗在庫減少、日本機械受注弾みとして上昇する

原油は米国の粗在庫減少、日本機械受注弾みとして上昇する

9 12月 2015, 14:44
Yamaguchi Katashi
0
276

原油価格は、米国からの強い日本経済データと下位原油貯蔵数値に水曜日に上昇したが、多くの投資家が原因でグローバル供給過剰になることから2008以下に下がることを期待した。

ブレント原油先物は、GMT0951で最大36セントバレルあたり40.62ドルだった。米国西部テキサス・インターミディエ(WTI)原油先物は、最大35セント彼らの最後の決済から、バレルあたり$37.86だった

米原油は先週4.88億バレルに米国の原油在庫に1.9百万バレル下がるというサプライズによってサポートされた。

業界団体米国石油協会によって推定される下落は、アナリストが予測した252,000バレルの増加と比較される。

米エネルギー情報局(EIA)から公式の数字は1530 GMT1030 EST)に起因している。

 原油価格は、米国からの強い日本経済データと下位原油貯蔵数値に水曜日に上昇したが、多くの投資家が原因でグローバル供給過剰に2008以下の安値以を期待した。

レント原油先物は、GMT0951で最大36セント$40.62バレルだった。米国西部テキサス・インターミディエ(WTI)原油先物は、最大35セント彼らの最後の決済から、バレルあたり$37.86だった。

米原油は先週4.88億バレルに米国の原油在庫に1.9百万バレルサプライズによってサポートされていた。

日本のコア機械受注は予想外にアジア需要の見通しを改善された。10月と、中国の輸入を奨励し、エネルギー集約型機械を含むことを目的と改革に飛び込んだ。

しかし強いドル、弱体化需要、高騰サプライ、米国の利上げの期待はさらに弱さを警戒し、投資家を保ちました。

「そこやや肯定的なデータがあったが、OPECが市場をサポートするつもりはないと私は、我々は2008年の安値を突破します高い確率があると思うBjarneSchieldropオスロでSEBのチーフコモディティアナリストは述べている。

ブレント油は、200812月にバレル当たり38ドル以上に落ちた。

火曜日に、ブレントは、20092月以来の低水準に触れた。

石油輸出国機構(OPEC)は先週、低迷する価格の高騰で生産枠の引き下げと取付グローバル供給過剰に合意に失敗した後にオイルが暴落した。

「ブレント原油価格はPIRAの見積もりは、2015年終わりまでに正常レベルより上5億バレルを合計します大規模なグローバル商業石油備蓄黒字、のために苦労していきます、「PIRAエネルギーは、それが陸上原油貯蔵が出て実行するように期待している、と述べた。2016年の第一四半期インチ。

ゴールドマン・サックスは、それが「油のために下振れする主因3ヶ月ごとに体重不足の商品、"だったが、銀行はそれを添加したことを言った、「12ヶ月間の少ない弱気。」

2016年の終わりに向かってわずかに高い価格の見通しは、一部の生産者、特に米国のシェール掘削は、原因ロシアとOPECのような最も確立生産者が最大生産能力に近いような低価格とに出力をカットします予想に基づいている。

それを友達とシェアしてください: