世界有数の生産者の一つを含む石油輸出国機構(OPEC -サウジアラビアは、生産枠を変更することを決定することができなかった

世界有数の生産者の一つを含む石油輸出国機構(OPEC -サウジアラビアは、生産枠を変更することを決定することができなかった

7 12月 2015, 09:46
Kadze
0
92

実際には、カルテルは、バレル当たり
50ドル以下2ヶ月半に低下していた価格をサポートするつもりではなかったことを意味する。世界生産のアメリカとロシアの石油会社の株式の一部を奪うようにしようとすると同時に、市場から不採算選手を圧迫する。

カルテル会議は約7時間、擦り切れた神経の記者を開催しました。ブルームバーグとロイターが、公式声明を待たずに、石油輸出国機構(OPEC)の実際の生産レベルの前にある31.5万バレルにクォータを増加することを決めたと述べた。

石油相場はヨーロッパのブレントバレルあたりは42.76ドルに落下したことで、ニュースにすぐに反応した。アメリカのWTマークI39.73ドルに下落した。今年の抗記録する前に数十セントが残っていた。報道機関が報われなかったという事実にもかかわらず、原則的にこの週にブレントのための40ドルのレベルはオープンになっている。

年間の石油石油輸出国機構(OPEC)のメンバーは、様々な推計によれば、バーを越えた 120万から220万バレルとなる。 OPEC総会の前夜に新聞ウォールストリートジャーナルは、任意の価格でゲッターの市場シェアを維持する欲求はカルテルのランクで楽観を満たしていないことに注意した。 12 OPECメンバーの少なくとも7は、予算のバランスをとるために70ドル以上の原油価格が必要だ。

今日では、主な要因、世界市場への圧力は -何の供給過剰ではなく、2015年に非常に激しいです輸出のシェアのために非常に闘争、ロシアの石油の連合とガスロスタム短観の第一人者は述べている。それロシア、サウジアラビア、イラン、イラクに参加、OPEC会議とエマニュエルカチクヴ社長は認めた。

石油と石油製品の大幅なボリュームを輸入する中国市場と東南アジアの諸国は闘争の対象である。ロシア三回はすでに、今年は中国への石油供給の点で第一位を取った。これは、米国への輸出の崩壊後、アジアに再び集中するサウジ、を含む、湾岸君主を悩まする。サウジアラビアとイランがその位置を維持するために投棄ので、減産はめったに関与することができるとロスタム・タンカエフ短観は述べている。


それを友達とシェアしてください: