WTI原油はバレル当たり40ドルを下回った

WTI原油はバレル当たり40ドルを下回った

19 11月 2015, 07:02
Yamaguchi Katashi
0
80

北ブレンド1月先物のコストは0.01%下がり、バレル当たり43.58ドル減少、軽質原油WTI12月の先物の価格は バレル当たり0.96%下がり、バレル当たり40.27ドルまで減少した。

水曜日のWTI原油価格は国内で原材料の週の供給のために米国エネルギー省からのデータにより、バレル当たり40ドルの心理的なマークを下回った。

20.23 MSK時点で北海ブレントブレンド1月先物の価格は0.01%減、 バレル当たり43.58まで減少、軽質原油WTI12月の先物の価格は バレル当たり0.96%下がり、40.27ドルに減少した。

以前のWTI原油の取引価格はバレル当たり827日から初めて40ドルの心理的なマークを切り、MSK 19.45時点で39.96ドルに下回った。

情報局米国務省の毎週のレビューによると、1113日に終了した週で国の商業的な石油埋蔵量(戦略的な準備金を除く)は0.3万バレル、または0.1%増加し、4.873億バレルに増加した。ロイター調査によると、アナリストは1.9万バレルの増加、及び4.889億バレルまでの上昇を予想していた。

米国の週の石油生産は同省によると、0.03%または1日当たり3000バレル下がり、9182000バレルまで減少した。クッシング最大のターミナルでの国の石油埋蔵量は150万バレルおよび 5690万バレルまで増加した。

米国のガソリン在庫は100万バレルおよび0.5%増、2.143億バレルに達した。アナリストは、逆に、36,7万バレルに減少すると予想した。留分の在庫は0.8万バレルおよび0.6%下がり、1.403億バレル削減した。アナリストは0,533万バレル削減すると予測した。


それを友達とシェアしてください: