新たな地政学的懸念によりWTI原油高価

新たな地政学的懸念によりWTI原油高価

17 11月 2015, 06:34
Yamaguchi Katashi
0
63

北海ブレント月先物のコストは0.62%の値上げとなって、 バレル当たり44.8ドルに上がり、WTI軽質原油の12月の先物の価格を 3.31%によってバレル当たり3,31%で、42.09ドルに値上がりした。

月曜日にWTI原油価格は上昇を再開して、取引によると、パリでの同時多発テロ後に地政学的懸念を背景に原油価格の上昇は3%以上となった。

22.10 MSK時点で北海ブレントブレンド1月先物の価格は0.57%上がり、 バレル当たり44.73ドルまで値上がりした。WTI軽質原油は12月先物の価格がバレル当たり2.9%上がって、バレル当た41.92ドルに上昇したが、前にそれはバレル当たり42.25ドルに、3%以上の上昇となった。

金曜日の夜にパリでは、同時多発テロがあった。未知の人がレストランで発砲し、また、フランス大統領フランソワ・オランドが出席した「スタッド・ド・フランス」スタジアムの近傍でフランスとドイツのサッカーチームの親善試合の間3爆発。また、パリ中心部のコンサートホール、バタクランでは未知のは、人質を取った。最近の報告によると、約130人が死亡した。オランド大統領は国の非常事態を宣言し、境界線を横切るの制御を強化した。

フランスの防衛省の声明によると、フランス空軍がシリアの「イスラム国家」の「首都」であるアッ・ラッカの都市に大規模な打撃を打った。投資家には爆撃のため石油の供給途絶の恐怖がある。

「フランスの軍事作戦の開始以来、週の残りのための価格はわずかな増加を示す」フィリップフューチャーズのダニエル・アンアナリストはフランス通信社に語った。同時、価格はあまり上昇しない原因は、市場の継続的な供給過剰があるためとダニエル・アン注意した。

「燃料価格の上昇は地政学的な緊張で修めるが、それは短期的だけになる。長期的には世界的な需給は価格のメインドライバーになり、市場の飽和状態を取ることは、将来的に価格を上げるために困難になる」はダニエル・アンア付け加えた。

それを友達とシェアしてください: