ECBのクーレ理事:12月の追加緩和を確約せず-フィガロ紙

ECBのクーレ理事:12月の追加緩和を確約せず-フィガロ紙

12 11月 2015, 07:22
Kadze
0
66

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は、追加金融緩和に関してECBはまだ決断しておらず、来月の追加緩和を確約しているわけではないと述べた。

フランスのフィガロ紙とのインタビューで監督は、「意思決定がなされていない」と説明して、議論のオープン」と述べた。理事のオフィスディレクターもインタビューを確認した。

クーレ理事はユーロ圏の景気回復は「軌道に乗っている」と指摘。「景気は加速しているが、依然として弱い。一方でインフレ期待の改善は止まり、基調的なインフレは頭打ちになってきた」と語った。

フィガロのための監督は、「我々は現在、自分自身に尋ねるである、持続的なリターンの場合答えは方法そのかどうか、彼らのために肯定的である場合に一時的に残っている、またはインフレ率の約2%にこれらの要因など商品価格の下落などの特定の要因、。問題が妨害するであろう第2回は、追加措置は、我々が「得られた情報に基づき、12月に決定していることを指摘した。採取されるだろう。

また、理事は「外側にはユーロ圏を何が起こっているかに関係なく、われわれの金融政策システムでは非常に低水準にある金利を維持することが可能だ」とも語った。

それを友達とシェアしてください: