2040年にエネルギー消費量はインド、中国、東南アジアなどを犠牲にて成長する

2040年にエネルギー消費量はインド、中国、東南アジアなどを犠牲にて成長する

10 11月 2015, 09:39
Kadze
0
113

国際エネルギー機関(IEA)は、四半世紀後地球は今よりも三分の一以上のエネルギーを生成し、成長が人口統計学的および構造的なトレンドを定義する国から来ると推定している。

エネルギー消費量は2040年には世界は主にインド、中国、東南アジア、中東、アフリカにより、三分の一によって増大し、毎年国際エネルギー機関(IEA)が作成するレポートにて世界エネルギー見通しは言っている。

IEA:市場における石炭のシェアが増加しているが、実際の消費は下がる

「私たちのシナリオによると、世界のエネルギー消費量は、主にインド、中国、アフリカ、東南アジア、中東。非OECD(経済協力開発機構)諸国に、2040年三の一に増大し、世界の成長のための責任がある。エネルギー消費が、彼らはまた、すべてこれが最大値(消費)で、OECD諸国の集団的消費の削減を背景に起こっている人口統計学的および構造的な動向を尋ねた2007年に述べた報告書は述べています。

最大の消費削減のダイナミックスは、欧州連合(マイナス15%)、日本(マイナス12%)、米国(マイナス3%)を示す。気候変動に関する今後のパリサミットの準備として21加盟国は、二酸化炭素排出量より少ない燃料よと技術に切り替えの意欲を示した。それは非化石燃料資源の割合を現在の19%から2040年に25%までに増加させるであろう。

「化石燃料の中では、天然ガスだけで、総消費量の伸びを示しています」 - 文書の著者。

それを友達とシェアしてください: