29日の中国本土市場概況:上海総合は2.0%安で反落、資源・素材セクター下げ目立つ

29日の中国本土市場概況:上海総合は2.0%安で反落、資源・素材セクター下げ目立つ

30 9月 2015, 04:35
Yamaguchi Katashi
0
35

主要指標の上海総合指数は、前日比2.02%(62.62ポイント)安の3038.14ポイントと反騰した。 
上海A株指数は2.02%(65.75ポイント)安の3182.06ポイントと下げ。 
外貨建てB株相場も下げした。 
上海B株指数が0.75%(2.33ポイント)安の307.64ポイントになり、深センB株指数が1.34%(13.94ポイント)安の1027.90ポイントで閉じる。 
国内景気の先行きも不安になる恐れ。 
928日に8月の全国工業企業利益公表され、前年同月に比べると、大幅減少が明らかになったことが改めて嫌気されている。 

主に101日から国慶節連休(7日まで)の理由で、本土市場で買い手控えだ。

上海総合指数は心理的分岐点の3000ポイントに接近している(安値は3021.16ポイント)。 

業種別では、景気の動きに鋭敏な資源・素材株の下落が目立つ。 
石炭の中国中煤能源(601898/SH)3.0%安、非鉄の洛陽モリブデン(603993/SH)が4.2%安、建材の安徽海螺セメント(600585/SH)が4.4%安で引けた。 
金融株も安い。 
中国平安保険(601318/SH)が3.1%下落した。 
インフラ関連株や不動産株、自動車株、発電や水道の公益株などもいいところがない 
ITハイテク関連株は前日によく買われたが、下げた。 

それを友達とシェアしてください: