無料でロボットをダウンロードする方法を見る

興味深いスクリプト?
それではリンクにそれを投稿してください。-
他の人にそれをレーティングしてもらいます

記事を気に入りましたか?MetaTrader 5ターミナルの中でそれを試してみてください。

ライブラリ

ZH_Global_Chart_Variable_Lib - MetaTrader 4のためのライブラリ

Vadim Zhunko | Japanese English Русский 中文 Español Deutsch Português

ビュー:
285
レーティング:
投票: 5
パブリッシュされた:
2016.06.20 10:32
アップデートされた:
2016.11.22 07:34

グローバルグラフィック変数(グラフィックオブジェクト)が単一ウィンドウのプログラムには見られます。

この変数のレベルは、MT4ツールにより簡単に単一ウィンドウのプログラムの間にデータ交換を実行させます。

各データ入力ごとはグラフィックオブジェクトのプロパティ内の行として表されます。長さは62文字以下にしてください。

関数を4つのグループに分けることができます。

グローバルグラフィック変数に関する関数
  1. 関数はグローバルグラフィック変数の値を返します。
  2. 関数はグローバルグラフィック変数の行値を返します。
  3. 関数は新しいグローバルグラフィック変数の値を指定します。
  4. 関数は新しいグローバルグラフィック変数の行値を指定します。
グラフィック配列に関する関数
  5. 配列に最初に見つけた要素番号を返します。
  6. 配列のサイズを1セル下げます。
  7. 指定された配列内の次元の要素数を返します。
  8. 指定された配列内の次元のサイズを指定します。
  9. 2倍精度データのグラフィック配列に選択されたセルの値を変えます。
10. 2倍精度データのグラフィック配列に選択されたセルを読み込みます。
11. 行データのグラフィック配列に選択されたセルの値を変えます。
12. 行データのグラフィック配列に選択されたセルを読み込みます。
グラフィックファイルに関する関数
13. 関数はグラフィックファイルから指定された数の要素を2倍精度データの1次元配列に読み込みます。
14. 関数はグラフィックファイルから全ての要素を2倍精度データの2次元配列に読み込みます。
15. 関数はグラフィックファイルから指定された数の要素を1次元整数配列に読み込みます。
16. 関数はグラフィックファイルから全ての要素を2次元整数配列に読み込みます。
17. 関数はグラフィックファイルから指定された数の要素を行データの1次元配列に読み込みます。
18. 関数はグラフィックファイルから全ての要素を行データの2次元配列に読み込みます。
19. この関数は2倍精度データの1次元配列をグラフィックファイルに書き込みます。
20. この関数は2倍精度データの2次元配列をグラフィックファイルに書き込みます。
21. 関数は1次元整数配列をグラフィックファイルに書き込みます。
22. 関数は2次元整数配列をグラフィックファイルに書き込みます。
23. 関数は行データの1次元配列をグラフィックファイルに書き込みます。
24. 関数は行データの2次元配列をグラフィックファイルに書き込みます。
グローバルグラフィック変数、グラフィック配列やグラフィックファイルに関するユーティリティ関数
25. グローバルグラフィック変数の存在を確認します。
26. 一定のグローバルグラフィック変数の削除を行います。
27. 関数はグローバルグラフィック変数の一覧での番号によってグローバルグラフィック変数の名前を返します。
28. グローバルグラフィック変数の削除を一括で行います。
29. 関数はグローバルグラフィック変数の総数を返します。
30. グローバルグラフィック変数の名前を変えます。


修正と更新

1.2008年9月14日更新:
1.1.関数名が変更されました。もっと論理的な名前をつけました。
1.2.GlobalChartVariableDel()関数に関するバグが修正されました。ある場合GlobalChartVariableDel()関数がデッドロックにつながったのです。
1.3.ChartDoubleArraySet()関数が改善されました。更に、配列のサイズを指定する必要がありません。
1.4.ChartDoubleArraySet()関数にはグラフィック配列を渡させる新規引数が追加されました。
1.5.グラフィック配列にデータの読み込みまたは書き込みを行う為のChartStringArraySet()関数とChartStringArrayGet()関数が追加されました。
1.6.グラフィックファイルにデータの読み込みまたは書き込みを行う為のFileChartWriteStringArray1()関数、FileChartWriteStringArray2()関数、FileChartReadStringArray1()関数及びFileChartReadStringArray2()関数が追加されました。
2.2008年9月19日更新:
2.1.ChartDoubleArrayGet()関数とChartStringArrayGet()関数に関するバグが修正されました。1つ目の次元のセル内の2つ目の次元の最後のセルを呼び出し、ゼロを返します。
2.2.配列のサイズを1セル下げるChartArrayDownSize()関数が追加されました。
2.3.更に、指定された要素の検索が可能になりました。
2.4.読み込む関数と変える関数を終了させる条件が追加されました。
3.2008年11月11日更新:
3.1.GlobalChartVariablesDeleteAll()関数に関するバグが修正されました。全てのグラフィック変数の削除を一括削除する場合ループ化したのです。GlobalChartVariablesDeleteAll()関数の最適化を行いました。
3.2.ChartStringingArrayGet()関数に関するバグが修正されました。その前に空のセルを読み込めばセルの行が返されました。
3.3.ChartDoubleArrayGet()関数にエラーの場合返される値を"-1"から"0"に変えました。
4.2009年1月5日更新:
4.1.GlobalChartVariablesDeleteAll()関数が改善されました。



別のグループからの関数により変数の読み込みまたは書き込みを行うことができます。また、別のデータ型の読み込みまたは書き込みを行うことができます。

MQL4標準組込み関数になんか似ています。

ヘッダファイルが追加されました。インクルードファイルのフォルダに配置する必要があります。

MetaQuotes Software Corp.によりロシア語から翻訳された
元のコード: https://www.mql5.com/ru/code/8412

ZZ_All Quotings 0-0090 ZZ_All Quotings 0-0090

全ての通貨ペア、金属、指数、CFDなどのストリーをロードするために使用されるスクリプトです。また、ヒストリーにある「ホール」の管理を行います。

Mouteki-Demark trend new Mouteki-Demark trend new

デマーカーのもう一つのバージョンです。

ティックの変化を表すインディケータ ティックの変化を表すインディケータ

ティックが発生する後に価格がどれくらい変化したかポイントで計算します。

Indicator of Candlesticks Combinations Indicator of Candlesticks Combinations

wingdingsによりローソク足のパターンを示します。